cron

Linuxコマンドcron

概要

 状態:-  閲覧数:1,882  投稿日:2013-08-15  更新日:2019-04-26
・9日かかった
・まだまだ分からないこと多数
・最終的には「/etc/crontab」で設定
※「crontab -e」設定は動作せず。理由不明


ミス一覧


今回ミスった内容一覧(思い出せたものだけ)
・「/etc/crontab」内容の「SHELL=/bin/bash」が、いつの間にか「ELL=/bin/bash」になってた…
・スクリプト内パス設定ミス。最終出力する箇所だけ絶対パスではなかったため違う場所へ出力されていた(cron自体は走っているのでエラー表示なし)

cron設定方法は4種類

 閲覧数:649 投稿日:2013-08-20 更新日:2019-04-26 

要点


cron設定方法には色々な方法がある
・機能上に違いはないが、それぞれのファイル書式は異なるため注意が必要

4種類


1./etc/crontab
2./etc/cron.d/任意のファイル名
3./var/spool/cron/crontab/任意のファイル名
4.crontab

よく使用されるのは下記何れか
・2./etc/cron.d/任意のファイル名
・4.crontab -e

1./etc/crontab


システム全体として自動実行を行わせたいジョブ
・ファイルはシステム管理者(つまりroot)用のもの
・一般ユーザ使用不可
・システムジョブ(デイリーログローテーションやデイリーバックアップなど)で使用するもので、全てroot権限で実行される
・一般的には編集をするのは避ける方が良いとされる(例外。一人でのプライベート開発など)
・設定を行ないたい場合は、「2./etc/cron.d/.」ディレクトリー内で行なう
・この内容はリアルタイムで反映されないので、このファイルを変更した後はcronにHUPシグナルを手動で送信する必要がある
※crontab ファイルを直接編集する方法

2./etc/cron.d/任意のファイル名


rootユーザーによる自動実行の設定
実行ユーザを書く必要がある
・ファイル編集後は、crond再起動しなくても実行する
※crontab ファイルを直接編集する方法

3./var/spool/cron/crontab/任意のファイル名


ユーザジョブ
・許可された各ユーザごとのcronが入る
・実行ユーザは各ユーザ
・頻繁に変更したり、臨時で実行するジョブ(臨時バックアップ、その他臨時ジョブ)、ユーザジョブ(ホームディレクトリ内のクリーンアップジョブなど)を入れたりする
※crontab ファイルを直接編集する方法

4.crontab


・ユーザごとにcrontabファイルが作成され、他ユーザのcron設定と共存できる仕組みがこのコマンドで提供される
・”crontab -e”コマンドで編集した場合、自動的に変更が反映される
※crontabコマンドを利用して編集する方法


※上記以外に、「/etc/cron.monthly/」「/etc/cron.weekly/」「/etc/cron.daily/」「/etc/cron.hourly/」配下ファイルを直接変更する方法もあるみたいだが、RedHat系の Linuxでは推奨されていないらしい

1./etc/crontab

 閲覧数:434 投稿日:2013-08-20 更新日:2016-03-15 

概要


・crontabに設定を書く


crontabとは?


・UNIXのバックグラウンドで自動処理を行う「CRON」デーモンへの指示
・簡単に言うと「毎日*時*分に/home/cron.shを実行せよ」といったもの


環境確認


PHPパス
$ which php
PHP7
/opt/remi/php70/root/usr/bin/php

PHP5
/usr/bin/php



設定


設定書込
$ sudo vi /etc/crontab
PHP7
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
HOME=/

# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# |  .------------- hour (0 - 23)
# |  |  .---------- day of month (1 - 31)
# |  |  |  .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# |  |  |  |  .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# |  |  |  |  |
# *  *  *  *  * user-name command to be executed
1 5 * * * root /opt/remi/php70/root/usr/bin/php /var/www/sakura.e1blue.co/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php
2 5 * * * root /opt/remi/php70/root/usr/bin/php /var/www/sakura.e1blue.co/public_html/pageranking/rankingexport_file.php

PHP5
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
HOME=/

# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# |  .------------- hour (0 - 23)
# |  |  .---------- day of month (1 - 31)
# |  |  |  .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# |  |  |  |  .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# |  |  |  |  |
# *  *  *  *  * user-name command to be executed
1 5 * * * root /usr/bin/php /var/www/sakura.e1blue.co/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php
2 5 * * * root /usr/bin/php /var/www/sakura.e1blue.co/public_html/pageranking/rankingexport_file.php

・cronを実行するユーザがrootなら、ファイル所有者権限を気にする必要はない
・shファイルを経由しなくても、直接phpファイルを指定可能


設定


PHP7
▼cronranking.sh
cd /var/www/e1blue.co/sakura.e1blue.co/pageranking/_lib/

/opt/remi/php70/root/usr/bin/php -d include_path='.:./config.php:./functions.php' /var/www/e1blue.co/sakura.e1blue.co/pageranking/rankingexport_file.php

exit

PHP5
▼cronranking.sh
cd /var/www/e1blue.co/sakura.e1blue.co/pageranking/_lib/

/usr/local/bin/php -d include_path='.:./config.php:./functions.php' /var/www/e1blue.co/sakura.e1blue.co/pageranking/rankingexport_file.php

exit


1./etc/crontab … 動作しないときー(チェック項目)

 閲覧数:676 投稿日:2013-08-21 更新日:2018-03-27 

起動確認


cronを実行させるためにはcrondが起動している必要がある
$ /etc/rc.d/init.d/crond status
crond (pid  1248) を実行中...


・起動していない場合は下記コマンドで実行
/etc/rc.d/init.d/crond start


・2-5番までonになっている?
$ chkconfig --list crond
crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off



ファイル権限


実行ファイルの権限確認
・su
・cdで移動
・ファイル一覧を検索
# ls -al | grep rankingexport7_file.php
-rwxrwxrwx  1 ★★ ★★  6191  8月 18 13:08 2013 rankingexport7_file.php

・ファイル実行権限があれば、必ずしもsuする必要はない
$ ls -l cronranking.sh 
-rwxrwxrwx 1 ★★ ★★ 233  8月 22 14:24 2013 cronranking.sh

・最初のrwxはファイル所有者の権限
・次のrwxはファイル所有者の属するグループの権限
・最後のr-xはその他の権限
※実行権限(x)


cronログ


ログ確認
・「動作しないときはログを確認」と書かれていたので試してみたが、はっきり言って見方が分からない
# cat /var/log/cron
Aug 18 04:38:01 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6812]: finished logrotate
Aug 18 04:38:01 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6790]: starting makewhatis.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6945]: finished makewhatis.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6790]: starting mlocate.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6956]: finished mlocate.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6790]: starting prelink
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6968]: finished prelink
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6790]: starting readahead.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6979]: finished readahead.cron
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[6790]: starting tmpwatch
Aug 18 04:38:02 ★★ run-parts(/etc/cron.daily)[7017]: finished tmpwatch
Aug 18 04:38:02 ★★ anacron[6689]: Job `cron.daily' terminated
Aug 18 04:38:02 ★★ anacron[6689]: Normal exit (1 job run)
Aug 18 04:40:01 ★★ CROND[7019]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)
Aug 18 04:50:01 ★★ CROND[7021]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)
Aug 18 04:56:01 ★★ CROND[7024]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.hourly)
Aug 18 04:56:01 ★★ run-parts(/etc/cron.hourly)[7024]: starting 0anacron
Aug 18 04:56:01 ★★ run-parts(/etc/cron.hourly)[7033]: finished 0anacron
Aug 18 05:00:01 ★★ CROND[7035]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)
Aug 18 05:01:01 ★★ CROND[7037]: (root) CMD (/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking7.sh)
Aug 18 05:02:01 ★★ CROND[7041]: (root) CMD (/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking.sh)
Aug 18 05:03:01 ★★ CROND[7048]: (root) CMD (/usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php)
Aug 18 05:04:01 ★★ CROND[7051]: (root) CMD (/usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport_file.php)
Aug 18 05:10:01 ★★ CROND[7054]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)
Aug 18 05:20:01 ★★ CROND[7056]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)
Aug 18 05:30:01 ★★ CROND[7058]: (root) CMD (/usr/lib64/sa/sa1 1 1)



パス


スクリプト内パス設定
▼/pageranking/rankingexport_file.php
// $data_file = "./access".$number.".html";// include用書き出しファイル名
$data_file = realpath( dirname( __FILE__ ))."/access".$number.".html";// include用書き出しファイル名

・realpathがない状態でも、ブラウザからPHPファイルへアクセスして更新する場合は正常に動作する
・しかし、cronを利用する場合は、この表記では正常動作しない!

2.crontab -e

 閲覧数:404 投稿日:2013-08-24 更新日:2019-04-26 

概要


・「crontab -e」で「/var/spool/cron/ユーザー名」に記入する方法
・実行したユーザの専用ファイル /var/spool/cron/ユーザ名を編集することになる


結果


・「ファイル権限者」「root」両方で設定してみたが、最終的に動作させることが出来なかった
・理由不明


コマンド


SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
HOME=/

21 5 * * * ★★ /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking7.sh
22 5 * * * ★★ /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking.sh
23 5 * * * ★★ /usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php
24 5 * * * ★★ /usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport_file.php
25 5 * * * root /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking7.sh
26 5 * * * root /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking.sh
27 5 * * * root /usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php
28 5 * * * root /usr/bin/php /var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport_file.php



$sudo crontab -e
$crontab -e
$crontab -l

$sudo ls /var/spool/cron
★★  root

$sudo ls -l /var/spool/cron/
合計 8
-rw------- 1 ★★ ★★ 800  8月 23 08:14 2013 ★★
-rw------- 1 root       root       801  8月 23 08:11 2013 root

$sudo cat /var/spool/cron/★★
$sudo cat /var/spool/cron/root


$ sudo ls -l /var/spool/cron/
[sudo] password for ★★: 
合計 0


cron確認方法
crontab -lで出力されるのは、
crontab -eで作成したcronのジョブである、/var/spool/cron内で定義されたジョブであり、
/etc/crontabや/etc/cron.* で定義されたジョブは出力されません


$ man 5 crontab
CRONTAB(5)                                                          CRONTAB(5)

名前
      crontab - cron を駆動するための一覧表

説明
      crontab  ファイルには cron(8) デーモンへの命令が「この日付のこの時刻に
      このコマンドを使用せよ」という形式で書き込まれている。ユーザはそれぞれ
      自分用の crontab を持っており、各 crontab に与えられたコマンドは、その
      crontab を所有しているユーザの権限で実行されることになる 。  UUCP   や
      News はたいていそれぞれの crontab を持っているので、 cron コマンドの一
      部で su(1) を明示的に実行する必要性はない。

      空行および行頭のスペース・タブは無視される。行先頭の空白以外の文字が #
      の行はコメント行であり、無視される。 cron コマンドとしての行に注釈とし
      てのコメントを入れることはできない。それらはコマンドの一部とみなされて
      しまう。同様に、環境変数を設定している行にコメントを入れることはできな
      い。

      crontab の動作行は、環境変数の設定か cronコマンドのいずれかである。 環
      境変数の設定は以下の形式をとる:

          name = value

      ただし、等号 (=) 両側のスペースはなくても良い。 value 内部の (先頭では
      ない) スペース文字は、値の一部として name に与えられる。 value 文字 列
      は引用符で括ってもよい (シングルクォートでもダブルクォートでも良いが、
      揃っている必要がある)。こうすれば先頭や末尾の空白を値に渡すことがで き
      る。

      い く つ か の 環境変数は cron(8) デーモンによって自動的に設定される。
      SHELL は /bin/sh に設定され、 LOGNAME とHOME は /etc/passwd の crontab
      の所有者の行から設定される。 HOME と SHELL は crontab 内部の記述で変更
      できる。 LOGNAME は変更できない。

      (さらに注意:LOGNAME 変数は、 BSD システムではまれに USER  と 称 さ れ
      る...    こ れ ら のシステム上では USER も設定される。) LOGNAME, HOME,
      SHELL の他に、 cron(8) は「この」crontab を実行した結果メールを送る 必
      要が生じた場合、 MAILTO も参照する。もしMAILTOが定義されていたら (およ
      びそれが空でなかったら) その名前のユーザーにメールを送る。 MAILTO が定
      義されていても値が設定されていなければ (MAILTO="")、メールは送信されな
      い。 MAILTO が定義もされていなければ、メールは crontab の所有者に送 ら
      れ る。 cron をインストールする際に、メーラーを /usr/lib/sendmail では
      なく /bin/mail にしていると、このオプションは便利である。 /bin/mail は
      エイリアシングを行わないし、 UUCP はたいていこのメールを読まないからで
      ある。

      cron コマンドの形式は V7 標準そのものであるが、多くの上位互換な拡張 が
      あ る。各行には 5 つの時刻・日付フィールドがあり、 (システムの crontab
      ファイルの場合) ユーザー名が続き、さらにコマンドが続く。分・時・月が現
      在 時刻と一致し、かつ、 2 つの日フィールド (月内日または曜日) のいずれ
      かが現在時刻と一致すれば (以下の「注意」を参照)、コマンドが cron(8) に
      よ って実行される。 cron(8) は毎分に一度 cron エントリを調べる。時間と
      日付フィールドは以下の通り:

             フィールド 指定可能な値
             ---------- --------------
             分         0-59
             時         0-23
             月内日     1-31
             月         1-12 (もしくは名前。下記を参照)
             曜日       0-7 (0 と 7 は日曜日。もしくは名前)

      フィールドにはアスタリスク (*) も指定できる。これはあらゆるフィール ド
      で ‘‘first-last’’ という意味になる。

      数値の範囲も指定できる。範囲は二つの数をハイフンでつなげる。指定数値も
      領域に含まれる。例えば「時」に 8-11 を指定すると、 8時, 9時, 10時,  11
      時に実行することになる。

      リストもできる。リストはコンマで区切られた数値 (または範囲) のセットで
      ある。例:‘‘1,2,5,9’’, ‘‘0-4,8-12’’

      間隔値を範囲とともに指定することもできる。範囲の後に ‘‘/<number>’’  と
      指定すると、範囲内で指定数値ずつ飛ばすことになる。例えば「時」フィール
      ドに ‘‘0-23/2’’ と指定すると、コマンドは 2 時間おきに実行される (V7 標
      準 の別形式で書けば ‘‘0,2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22’’) 間隔はアスタリ
      スクの後にも指定できる。「2 時間おき」といいたければ ‘‘*/2’’とする。

      「月」フィールドや「曜日」フィールドには名前を使用することもできる。そ
      の日または月の最初の3文字を用いる (大文字小文字は問わない)。範囲やリス
      トを名前に対して用いることはできない。

      「第 6」フィールド (行の残りの部分) には実行されるコマンドを指定する。
      そ の行のコマンド部 (改行文字または % 文字まで) が /bin/sh (またはその
      crontab ファイルの SHELL 環境変数で指定されたシェル) によって実行さ れ
      る。コマンド中にパーセント記号 (%) がバックスラッシュ (\) によってエス
      ケープされずに置かれていると、改行文字に置き換えられ、最初に現れ た  %
      以降の全てのデータは標準入力としてコマンドに送られる。

      注意: コマンド実行の日は 2 つのフィールドで指定できる ? 月内日および曜
      日である。もし両方のフィールドが制限指定 (* 以外) であると、いずれかの
      フィールドが現在時刻と合った時にコマンドが実行される。例えば、
      ‘‘30 4 1,15 * 5’’
      と すると、毎月 1 日と 15 日および毎週金曜日の午前 4:30 にコマンドが実
      行される。

CRON ファイルの例
      # (/etc/passwd の指定に関らず) コマンド実行に /bin/sh を使用する。
      SHELL=/bin/sh
      # (この crontab の所有者に関らず) あらゆる出力を ‘paul’ にメールする。
      MAILTO=paul
      #
      # 毎日、日付変更の 5 分後に実行する
      5 0 * * *       $HOME/bin/daily.job >> $HOME/tmp/out 2>&1
      # 毎月初日の 2:15pm に実行する -- 出力は paul にメールされる
      15 14 1 * *     $HOME/bin/monthly
      # 平日の午後 10 時に実行してジョーを心配させる
      0 22 * * 1-5 mail -s "午後10時だ" joe%ジョー、%%お前の子どもはどこだい?%
      23 0-23/2 * * * echo "毎日 0,2,4..時 23 分に実行する"
      5 4 * * sun     echo "日曜 4 時 5 分に実行する"

関連項目
      cron(8), crontab(1)

拡張
      曜日指定において、 0 も 7 も日曜日とみなされる。 BSD と ATT ではこのよ
      うにはなっていないようだ。

      リ ス ト と 範囲は同じフィールドに共存できる。 ATT や BSD の cron では
      "1-3,7-9" は拒否されるだろう -- "1-3" または "7,8,9" のいずれかだけ し
      か指定できない。

      範囲に「間隔値」を指定できる。すなわち "1-9/2" が "1,3,5,7,9" と同じ。

      月または曜日を名前で指定できる。

      環境変数を crontab の内部で設定できる。 BSD や ATT では、子プロセス に
      渡される環境は基本的に /etc/rc のものである。

      コ マンドの出力は crontab の所有者にメールされる (BSD ではこれを行わな
      い)。また crontab の所有者以外の人にもメールできる (SysV ではこれが で
      き ない)。さらにこの機能を無効にし、誰にもメールを送らないようにもでき
      る (SysV ではこれもできない)。

著者
      Paul Vixie <paul@vix.com>

4th Berkeley Distribution       24 January 1994                     CRONTAB(5)
      23 0-23/2 * * * echo "毎日 0,2,4..時 23 分に実行する"
      5 4 * * sun     echo "日曜 4 時 5 分に実行する"


覚書

 閲覧数:353 投稿日:2013-08-24 更新日:2013-08-24 

メモ


・cronとは無関係
・サイト移行による構成変更対応

▼/views/common/accessranking.php
・修正前
		<?php 
if ( file_exists("/var/www/public_html/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/pageranking/accessranking7.html")) {
include("/var/www/public_html/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/pageranking/accessranking7.html");

?>
</p></div>
    </div>
    <div class="span6">
      <div class="alert alert-info">
        <a class="close">×</a>




<?php 
if ( file_exists("/var/www/public_html/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/pageranking/accessranking.html")) {
include("/var/www/public_html/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/pageranking/accessranking.html");


・修正後
		<?php 
if ( file_exists("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking7.html")) {
include("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking7.html");

?>
</p></div>
    </div>
    <div class="span6">
      <div class="alert alert-info">
        <a class="close">×</a>

<?php 
if ( file_exists("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking.html")) {
include("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking.html");



?>


不明点

 閲覧数:500 投稿日:2013-08-24 更新日:2019-04-26 

コマンド実行


コマンド実行で動作チェックしたかったのだが、実行の仕方が不明
「sh」「php」ファイル。どうやってコマンド実行させるの?

・export.phpへ、ブラウザで直アクセスすると、htmlファイルが生成される
・しかし、コマンドで指定しても、ノーリアクション
# su - root -c "/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/cronranking7.sh"

・phpファイル直指定すると、エラー
# su - root -c "/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php"
/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php: line 1: ?php: そのようなファイルやディレクトリはありません
/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php: line 3: 期待してない token `(' のあたりにシンタックスエラー
/var/www/●●.tk/public_html/pageranking/rankingexport7_file.php: line 3: `// require_once( realpath( dirname( __FILE__ ) ).'/_lib/config.php' );'


「su」「sudo」


違いは?
・su入力後のパスワードは付与された値
・sudo入力後のパスワードは自分で設定した値



Twitter検索結果。「cron」に関する最新ツイート

牡蠣 @kaki_cron
クロンdot @cron_bot_carp
政見放送迷言bot@TL返信実装 @seikenhousoubot
クロンdot @cron_bot_carp
栗林良吏 2021/09/26 17:48
クロンdot @cron_bot_carp
大広島東洋カープ 2021/09/26 17:48
漆酷(しっこく) @imoutodenuku
クロンdot @cron_bot_carp
クロンdot @cron_bot_carp
クロンdot @cron_bot_carp
クロンdot @cron_bot_carp
外野足りんくて草 2021/09/26 17:38
クロンdot @cron_bot_carp
クロンdot @cron_bot_carp

それまで動作していたcronが、正常動作しなくなった原因



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 anacron 73
2 chown 67
3 configure 62
4 for 57
5 info 50
6 more 50
7 groff 44
8 Grunt 44
9 chmod 44
10 DirectoryIndex 44
11 columnコマンド 43
12 Permissions 40
13 Options 36
14 history 36
15 Grunt入門 36
16 Local Storage 35
17 Let's Encrypt × cron 33
18 rm 33
19 お名前.com3 33
20 wc 33
2021/9/26 18:41 更新
週間人気ページランキング / 9-19 → 9-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 16
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 15
3 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 11
4 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 10
5 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 8
5 さくらVPS0 8
6 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
6 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 7
7 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 6
7 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
7 echo と cat の違い 6
8 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 5
8 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 5
8 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 5
9 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
9 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
9 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/26 1:01 更新