「VALUE DOMAIN × さくらVPS」ドメイン移行Apache編

ドメインVALUE DOMAIN

手順

 状態:-  閲覧数:1,567  投稿日:2013-08-02  更新日:2016-03-03
A.DNS設定変更
B.VirtualHost設定
C.データ移行
D.DBデータ移行
E.cron




A.DNS設定変更

 閲覧数:330 投稿日:2013-08-05 更新日:2017-03-15 

バリュードメインのDNS設定を変更


「DNS情報変更」でターゲットにVPSサーバのIPアドレスを登録

指定サブドメイン
・VPSサーバのIPアドレスを登録


・CORESERVERのIPアドレスを登録

VALUE-DOMAINのネームサーバー利用
a サブドメイン名 ★
a * ●
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:★ ~all

・★ … さくらVPSのIPアドレス
・● … CORESERVERのIPアドレス

B.VirtualHost設定

 閲覧数:360 投稿日:2013-08-05 更新日:2018-03-07 

1.権限変更


$ sudo -s

2.ディレクトリ作成


公開ディレクトリ
・-p 複数ディレクトリを一気に作成したい際につけるオプション
# mkdir -p /var/www/●●.tk/public_html
・「★★」ユーザに所有権を持たせる(変更する)
# chown -R ★★:★★ /var/www/●●.tk

非公開ディレクトリ
・-p 複数ディレクトリを一気に作成したい際につけるオプション
# mkdir -p /var/www/trust_path_●●
・「★★」ユーザに所有権を持たせる(変更する)
# chown -R ★★:★★ /var/www/trust_path_●●
※パス変更を忘れないこと!

非公開共通ディレクトリ
・-p 複数ディレクトリを一気に作成したい際につけるオプション
mkdir -p /var/www/lib/trust_path_allproject

・「★★」ユーザに所有権を持たせる(変更する)
chown -R ★★:★★ /var/www/lib/trust_path_allproject



2-1.ディレクトリ名変更


・必要が生じた場合は、「mv old new」でディレクトリ名変更
・所有権は引き継がれるが、念のため「ls -l」で確認

3.設定ファイル作成


・「/etc/httpd/conf.d」以下の「.conf」は、Webサーバが立ち上がった際、必ず読み込まれる
# vim /etc/httpd/conf.d/w4c.work.conf
・iでインサートモードへ変更し、下記を貼り付け
<VirtualHost *:80>
 ServerName ●●.tk
 DocumentRoot "/var/www/●●.tk/public_html"
 DirectoryIndex index.html index.php
 ErrorLog /var/log/httpd/●●.tk_error_log
 CustomLog /var/log/httpd/●●.tk_access_log combined
 AddDefaultCharset UTF-8
 <Directory "/var/www/●●.tk/public_html">
   AllowOverride All
 </Directory>
</VirtualHost>

・「Esc」で「インサートモード」抜ける
・「:wq」で保存
・「:q!」で保存せず終了

バーチャルホスト自体を有効にする設定
・1つ目で実施済なので、省略

Webサーバ再起動
# service httpd configtest
Syntax OK

# service httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]


ファイル作成
・★★でやりたいので、一旦ルートから抜ける
[root@★★ ★★]# exit
exit
[★★@★★ ~]$

・ファイル作成(転送ツールを使わず)
vim /var/www/●●.tk/public_html/index.html

・Iモード後、下記を貼り付け
<html>
Hello from ●●.tk
</html>


ブラウザ確認
・「●●.tk」へアクセスして、「/var/www/●●.tk/public_html/index.html」の中身が表示されていればOK

C.データ移行

 閲覧数:359 投稿日:2013-08-05 更新日:2013-11-09 

1.データ移行


対象ディレクトリ
・公開ディレクトリ … ▼/var/www/●●.tk/public_html
・非公開ディレクトリ … ▼/var/www/trust_path_●●
・非公開共通ディレクトリ … ▼/var/www/lib/trust_path_allproject


2.パス変更


対象
・上記3ディレクトリ

置換内容
・「/virtual/★★/」→「/var/www/」
・「/public_html/●●.tk/」→「/●●.tk/public_html/」 … ページランキングsh4箇所


3.「.htaccess」


・ルート直下とページランキング。2箇所
#mod_gzip_on Off



※ファイル配置場所は、/★★/public_html/の下



D.DBデータ移行

 閲覧数:448 投稿日:2013-08-05 更新日:2016-04-25 

1.データエクスポート


・スキーマテーブルは不要


2.DB作成


phpMyAdmin利用
・まず、DBユーザを作成
・その際、同名の専用DBを作成
CREATE USER 'プレフィクス_ユーザ名0'@'localhost' IDENTIFIED BY  '***';

GRANT SELECT ,
INSERT ,

UPDATE ,
DELETE ,
FILE ON * . * TO  'プレフィクス_ユーザ名0'@'localhost' IDENTIFIED BY  '***' WITH MAX_QUERIES_PER_HOUR 0 MAX_CONNECTIONS_PER_HOUR 0 MAX_UPDATES_PER_HOUR 0 MAX_USER_CONNECTIONS 0 ;



3.データインポート


エラーメッセージ
アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです。対策については ドキュメント をご覧ください

対応
・php.iniファイルを開いて設定値変更
・memory_limit = 196M
・post_max_size = 50M
・upload_max_filesize = 50M

php.iniパス確認
php -i

Loaded Configuration File => /etc/php.ini

変更
sudo vi /etc/php.ini

・viで開いた内容を検索するには「/」

・50MBで足りなかったので、100MBへ変更
・反映には、Apache再起動が必要


phpMyAdmin / アップロードファイルサイズ変更


E.cron

 閲覧数:441 投稿日:2013-08-26 更新日:2017-04-29 

手順


設定書込
sudo vi /etc/crontab


スクリプト内パス設定
▼/pageranking/rankingexport_file.php
▼/pageranking/rankingexport7_file.php
// $data_file = "./access".$number.".html";// include用書き出しファイル名
$data_file = realpath( dirname( __FILE__ ))."/access".$number.".html";// include用書き出しファイル名


▼/views/common/accessranking.php
		<p>
<?php
if ( file_exists("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking7.html")) {
include("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking7.html");
}
?>
</p></div>
   </div>
   <div class="span6">
     <div class="alert alert-info">
       <a class="close">×</a>
<?php
if ( file_exists("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking.html")) {
include("/var/www/".$_SERVER['SERVER_NAME']."/public_html/pageranking/accessranking.html");
}
?>



すぐに設定反映確認したい場合


$ /etc/rc.d/init.d/crond restart
・ユーザーの権限が不十分です。
User has insufficient privilege.


$ sudo /etc/rc.d/init.d/crond restart
crond を停止中:                                            [  OK  ]
crond を起動中:                                            [  OK  ]


うまくいかないとき

 閲覧数:369 投稿日:2014-01-06 更新日:2014-01-31 

PHP


ショートタグ
・<?php ?> のphpを省略した<? ?>
・PHPのバージョン及びphp.iniのshort_open_tagの設定によっては使えない
(その場合、phpスクリプトと認識されずソースコードがそのまま表示されてしまう)

・「<?=$sample?>」はecho文短縮形なので、戻す際は必ずechoを付与

PEAR
・require_onceで存在しないPEARライブラリを呼んでいないか?(エラー表示されない)


.htaccess


▼/pageranking/.htaccess
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


初期化


That’s it! Remove page/setup.php from the server and click the button below to start using SlimStat.




ドメイン5 … 「ValueDomainネームサーバ」利用。サブドメイン単位で「さくらVPS」「CORESERVER」振り分け

「VALUE DOMAIN」→「さくらVPS」



週間人気ページランキング / 9-18 → 9-24
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 17
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 14
3 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 12
4 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 10
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 9
6 さくらVPS0 8
6 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
7 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 7
8 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
8 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 6
8 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 6
9 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
9 echo と cat の違い 5
10 phpMyAdmin 4.4.3(phpMyAdmin) カテゴリー 4
10 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
10 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 4
10 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
10 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/25 1:01 更新