ls

Linuxコマンドls

lsとは?

 状態:-  閲覧数:2,334  投稿日:2013-04-28  更新日:2015-11-17
ディレクトリ内容をリスト表示するコマンド

設定ファイル
・普通は表示されないようになっている
[☆☆@★★ ~]$ ls
ls.txt  myapp


ファイル種類によって色が異なる
・青色で表示されるのはディレクトリ
・その設定は"/etc/DIR_COLORS" に記述されている
[☆☆@★★ etc]$ cat /etc/DIR_COLORS
# Configuration file for the color ls utility
# Synchronized with coreutils 8.5 dircolors
# This file goes in the /etc directory, and must be world readable.
# You can copy this file to .dir_colors in your $HOME directory to override
# the system defaults.

# COLOR needs one of these arguments: 'tty' colorizes output to ttys, but not
# pipes. 'all' adds color characters to all output. 'none' shuts colorization
# off.
COLOR tty

# Extra command line options for ls go here.
# Basically these ones are:
#  -F = show '/' for dirs, '*' for executables, etc.
#  -T 0 = don't trust tab spacing when formatting ls output.
OPTIONS -F -T 0

# Below, there should be one TERM entry for each termtype that is colorizable
TERM Eterm
TERM ansi
TERM color-xterm
TERM con132x25
TERM con132x30
TERM con132x43
TERM con132x60
TERM con80x25
TERM con80x28
TERM con80x30
TERM con80x43
TERM con80x50
TERM con80x60
TERM cons25
TERM console
TERM cygwin
TERM dtterm
TERM eterm-color
TERM gnome
TERM gnome-256color
TERM jfbterm
TERM konsole
TERM kterm
TERM linux
TERM linux-c
TERM mach-color
TERM mlterm
TERM putty
TERM rxvt
TERM rxvt-256color
TERM rxvt-cygwin
TERM rxvt-cygwin-native
TERM rxvt-unicode
TERM rxvt-unicode256
TERM screen
TERM screen-256color
TERM screen-256color-bce
TERM screen-bce
TERM screen-w
TERM screen.linux
TERM vt100
TERM xterm
TERM xterm-16color
TERM xterm-256color
TERM xterm-88color
TERM xterm-color
TERM xterm-debian

# EIGHTBIT, followed by '1' for on, '0' for off. (8-bit output)
EIGHTBIT 1

# Below are the color init strings for the basic file types. A color init
# string consists of one or more of the following numeric codes:
# Attribute codes:
# 00=none 01=bold 04=underscore 05=blink 07=reverse 08=concealed
# Text color codes:
# 30=black 31=red 32=green 33=yellow 34=blue 35=magenta 36=cyan 37=white
# Background color codes:
# 40=black 41=red 42=green 43=yellow 44=blue 45=magenta 46=cyan 47=white
#NORMAL 00      # no color code at all
#FILE 00        # normal file, use no color at all
RESET 0 # reset to "normal" color
DIR 01;34       # directory
LINK 01;36      # symbolic link (If you set this to 'target' instead of a
               # numerical value, the color is as for the file pointed to.)
MULTIHARDLINK 00        # regular file with more than one link
FIFO 40;33      # pipe
SOCK 01;35      # socket
DOOR 01;35      # door
BLK 40;33;01    # block device driver
CHR 40;33;01    # character device driver
ORPHAN 40;31;01  # symlink to nonexistent file, or non-stat'able file
MISSING 01;05;37;41 # ... and the files they point to
SETUID 37;41    # file that is setuid (u+s)
SETGID 30;43    # file that is setgid (g+s)
CAPABILITY 30;41        # file with capability
STICKY_OTHER_WRITABLE 30;42 # dir that is sticky and other-writable (+t,o+w)
OTHER_WRITABLE 34;42 # dir that is other-writable (o+w) and not sticky
STICKY 37;44    # dir with the sticky bit set (+t) and not other-writable

# This is for files with execute permission:
EXEC 01;32

# List any file extensions like '.gz' or '.tar' that you would like ls
# to colorize below. Put the extension, a space, and the color init string.
# (and any comments you want to add after a '#')
# executables (bright green)
#.cmd 01;32
#.exe 01;32
#.com 01;32
#.btm 01;32
#.bat 01;32
#.sh  01;32
#.csh 01;32
# archives or compressed (bright red)
.tar 01;31
.tgz 01;31
.arj 01;31
.taz 01;31
.lzh 01;31
.lzma 01;31
.tlz 01;31
.txz 01;31
.zip 01;31
.z   01;31
.Z   01;31
.dz  01;31
.gz  01;31
.lz  01;31
.xz  01;31
.bz2 01;31
.tbz 01;31
.tbz2 01;31
.bz  01;31
.tz  01;31
.deb 01;31
.rpm 01;31
.jar 01;31
.rar 01;31
.ace 01;31
.zoo 01;31
.cpio 01;31
.7z  01;31
.rz  01;31

# image formats (magenta)
.jpg 01;35
.jpeg 01;35
.gif 01;35
.bmp 01;35
.pbm 01;35
.pgm 01;35
.ppm 01;35
.tga 01;35
.xbm 01;35
.xpm 01;35
.tif 01;35
.tiff 01;35
.png 01;35
.svg 01;35
.svgz 01;35
.mng 01;35
.pcx 01;35
.mov 01;35
.mpg 01;35
.mpeg 01;35
.m2v 01;35
.mkv 01;35
.ogm 01;35
.mp4 01;35
.m4v 01;35
.mp4v 01;35
.vob 01;35
.qt  01;35
.nuv 01;35
.wmv 01;35
.asf 01;35
.rm  01;35
.rmvb 01;35
.flc 01;35
.avi 01;35
.fli 01;35
.flv 01;35
.gl 01;35
.dl 01;35
.xcf 01;35
.xwd 01;35
.yuv 01;35
.cgm 01;35
.emf 01;35

# http://wiki.xiph.org/index.php/MIME_Types_and_File_Extensions
.axv 01;35
.anx 01;35
.ogv 01;35
.ogx 01;35

# audio formats (cyan)
.aac 01;36
.au 01;36
.flac 01;36
.mid 01;36
.midi 01;36
.mka 01;36
.mp3 01;36
.mpc 01;36
.ogg 01;36
.ra 01;36
.wav 01;36

# http://wiki.xiph.org/index.php/MIME_Types_and_File_Extensions
.axa 01;36
.oga 01;36
.spx 01;36
.xspf 01;36
[☆☆@★★ etc]$


aオプション
      -a     ‘.’ で始まる名前のファイルをリスト表示に含める
[☆☆@★★ ~]$ ls -a
.              .bash_logout   .gem            .pki  .viminfo   ls.txt
..             .bash_profile  .lesshst        .rvm  .zprofile  myapp
.bash_history  .bashrc        .mysql_history  .ssh  .zshrc


ls -l

 閲覧数:327 投稿日:2013-04-28 更新日:2014-05-23 

内容


ファイルの様々な属性を表示
・ファイルモード(ファイルタイプ・アクセス権限)
・リンクカウント
・所有者
・グループ
・ファイルサイズ
・タイムスタンプ
・ファイル名
ファイルのモード・リンクの数・所有者名・グループ名・ (バイト単位の) サイズ・タイムスタンプ・名前を (1 列形式で) 書き出す。 デフ ォルトでは、表示されるタイムスタンプは最終修正時刻


3つずつに分ける


最初のrwx
・所有者

2番目のrwx
・所有グループ

3番目のrwx
・その他のユーザー                                                                                                                                  
                                                                                                                                                                         
読み取り r 4 ディレクトリ内の一覧表示が可能
書き込み w 2 ディレクトリ内でファイルの作成/変更/削除が可能
実行 x 1 ディレクトリ内のファイルにアクセスが可能


$ man ls

 閲覧数:426 投稿日:2014-03-02 更新日:2019-08-13 

$ man ls


LS(1)                                                                    LS(1)

名前
       ls, dir, vdir - ディレクトリの中身をリスト表示する

書式
       ls [options] [file...]

       POSIX オプション: [-CFRacdilqrtu1]

       GNU オプション (簡略形式): [-1abcdfghiklmnopqrstuvxABCDFGHLNQRSUX] [-w
       cols]  [-T  cols]  [-I   pattern]   [--block-size=SIZE]   [--classify]
       [--color[={none,always,auto}]]   [--file-type]  [--full-time]  [--for-
       mat={across,commas,long,single-column,verbose,vertical}]
       [--human-readable]       [--indicator-style={none,file-type,classify}]
       [--quoting-style={c,clocale,escape,literal,locale,shell,shell-always}]
       [--show-control-chars]  [--si]  [--sort={none,extension,size,time,ver-
       sion}] [--time={atime,access,ctime,status,use}]  [--help]  [--version]
       [--]

説明
       プログラム ls は、最初にディレクトリでない引き数 file をリスト表示する
       。それから、ディレクトリである引き数について、それぞれのディレクトリに
       あるリスト表示可能なすべてのファイルを表示する。オプション以外の引き数
       が何もない場合、デフォルトの引き数として ‘.’  (現在のディレクトリ)  を
       仮定する。 -d オプションは、ディレクトリをディレクトリでない引き数とし
       て扱わせるようにする。ファイル名が ‘.’ で始まっていなければ、そのフ ァ
       イルは表示される。 ‘.’ で始まる名前のファイルでも、-a オプションが指定
       されていれば表示される。

       それぞれのファイルリスト (ディレクトリでないファイルのリストと各ディレ
       クトリ内のファイルのリスト) は、現在のロケールにおける文字の順序に従っ
       て個別にソートされる。 -l オプションが指定された場合、リスト中の全ファ
       イルの合計サイズを表示する要約行が各リストの前に付加される。このサイズ
       は選択されているブロックサイズを単位とする数値になる。

       出力は標準出力に対して行われ、 -C オプションで複数列出力が要求されない
       限 り、1 行に 1 エントリである。しかし、端末に対する出力では、出力が 1
       列または複数列のどちらになるかが定められていない。オプション -1 と  -C
       は、それぞれ 1 列出力と複数列出力を強制させるために使用される。

POSIX オプション
       -C     ファイルを複数列でリスト表示する。垂直方向にソートする。

       -F     ディレクトリ名の後に ‘/’ を、FIFO の名前の後に ‘|’ を、実行可能
              なファイル名の後に ‘*’ をそれぞれ付加する。

       -R     サブディレクトリがあれば、再帰的にリスト表示する。

       -a     ‘.’ で始まる名前のファイルをリスト表示に含める。

       -c     ソート (-t) やリスト表示 (-l) のとき、修正時刻ではなく状態変 更
              時刻を使う。

       -d      ディレクトリの中身を表示せず、他のファイルと同じようにディレク
              トリ名をリスト表示する。

       -i     ファイルのシリアル番号 (i-node 番号) をファイル名の出力の前に置
              く。

       -l      ファイルのモード・リンクの数・所有者名・グループ名・ (バイト単
              位の) サイズ・タイムスタンプ・名前を (1 列形式で) 書き出す。 デ
              フ ォルトでは、表示されるタイムスタンプは最終修正時刻である。オ
              プション -c と -u のときは、他の 2 つのタイムスタンプを選択する
              。 デバイススペシャルファイルの場合、通例として、サイズを表示す
              る場所がデバイスのメジャー番号とマイナー番号に置き換えられる。

       -q     ファイル名の中の非表示文字をクエスチョンマークで出力する。 ( 端
              末 への出力では、このオプションをデフォルトにすることが許されて
              いる。)

       -r     ソートの順序を逆にする。

       -t     表示されるタイムスタンプでソートする。

       -u     ソート (-t) やリスト表示 (-l) のとき、修正時刻ではなく最終ア ク
              セス時刻を使う。

       -1     出力を 1 列にする。

GNU 詳細
       標準出力が端末の場合、出力は (垂直方向にソートされて) 複数列になる。

       dir (d という名前でもインストールされる) は ‘ls -C’ と等しい。つまり、
       デフォルトとして、ファイルは垂直方向にソートされて複数列でリスト表示さ
       れる。 vdir (v という名前でもインストールされる) は ‘ls -l’ と等しい。
       つまり、デフォルトとして、ファイルは長い形式でリスト表示される。

GNU オプション
       -1, --format=single-column
              1 行に 1 ファイルをリスト表示する。標準出力が端末でない場合のデ
              フォルトである。

       -a, --all
              ‘.’  ではじまるファイルを含め、ディレクトリ中のすべてのファイル
              をリスト表示する。

       -b, --escape, --quoting-style=escape
              ファイル名の中の非表示文字を表すため、バックスラッシュとアル フ
              ァベットのシーケンスやバックスラッシュと 8 進数のシーケンスを用
              いる。これらのシーケンスは C 言語で使われているものと同じである
              。

       -c      デ ィレクトリの内容をファイルの状態変更時刻 (inode の ‘ctime’)
              でソートする。長いリスト表示形式が使われる (-l オプションの) 場
              合、修正時刻ではなく状態変更時刻が表示される。

       -d, --directory
              デ ィレクトリの中身を表示せず、他のファイルと同じようにディレク
              トリ名をリスト表示する。

       -f     ディレクトリの中身をソートせず、ディスク上にある順番にリスト 表
              示 す る 。 こ のオプションは -a も有効にする。 -f より前に -l,
              --color, -s が指定された場合、それらのオプションは無効になる。

       -g     無視される。Unix との互換性のためにある。

       -h, --human-readable
              それぞれのサイズについて、例えばメガバイトなら M といったサイズ
              文 字 を付加する。 10 の累乗ではなく 2 の累乗を用いるので、M は
              1,048,576 バイトを表す。 10 の累乗にしたいときは -H または --si
              オプションを使うこと。

       -i, --inode
              それぞれのファイルについて、ファイル名の左に inode 番号 (ファイ
              ルシリアル番号やインデックス番号とも呼ばれる) を表示する。 ( こ
              の 番号が、あるファイルシステム上のそれぞれファイルを他と重なら
              ないように区別する。)

       -k, --kilobytes
              ファイルサイズがリスト表示される場合は、キロバイト単位で表示 す
              る。

       -l, --format=long, --format=verbose
              フ ァイル名に加えて、ファイルタイプ・アクセス権・ハードリンクの
              数・所有者名・グループ名・バイト単位のサイズ・タイムスタンプ  (
              他 の時刻が選択されなければ、修正時刻) を表示する。ファイルの時
              刻が 6 カ月以上前または 1 時間以上先の場合、タイムスタンプに は
              時刻のかわりに年が入る。

              リ ス ト 表 示 される各ディレクトリについて、ファイル表示の前に
              ‘total blocks’ という行を置く。ここで、 blocks はディレクトリ内
              の 全てのファイルによって使用されるディスク容量の合計である。デ
              フォルトでは 1024 バイトブロックが用いられるが、この値は上書 き
              す ることができる。計算された blocks では、それぞれのハードリン
              クが別個に数えられている。これはバグだという議論もある。

              リスト表示されるアクセス権はシンボルモードの仕様と同じである が
              、 ls は複数のビットを各アクセス権のセットの 3 文字目に組み入れ
              ている。

              s      setuid ビットまたは setgid ビットが設定されていて、さ ら
                     に対応する実行ビットが設定されている場合。

              S      setuid  ビットまたは setgid ビットが設定されているが、対
                     応する実行ビットが設定されていない場合。

              t      sticky ビットとその他のユーザーに対する実行ビットがと も
                     に設定されている場合。

              T      sticky  ビットは設定されているが、その他のユーザーに対す
                     る実行ビットが設定されていない場合。

              x      実行ビットは設定されているが、上のどれも適用されていない
                     場合。

              -      その他。

       -m, --format=commas
              フ ァイル名をコンマとスペースで区切って、それぞれの行にできるだ
              け多く詰め込み、横にリスト表示する。

       -n, --numeric-uid-gid
              所有者のユーザ名・グループ名のかわりに数字の UID と GID をリ ス
              ト表示する。

       -o      長い形式でのディレクトリのリスト表示をするが、グループ情報は表
              示しない。 --format=long --no-group を用いるのと同じである。 こ
              の オプションは他のバージョンの ls との互換性のために提供された
              。

       -p, --file-type, --indicator-style=file-type
              ファイルタイプを示す文字を各ファイル名に加える。 -F と似てい る
              が、実行可能ファイルにはマークしない。

       -q, --hide-control-chars
              フ ァイル名の中の非表示文字の代わりにクエスチョンマークを表示す
              る。出力が端末、プログラムが ls の場合のデフォルトである。

       -r, --reverse
              ディレクトリの中身を逆順にソートする。

       -s, --size
              それぞれのファイルのディスク割り当て量をファイル名の左に表示 す
              る 。これはファイルによって使用されるディスクの総量である。この
              大きさは普通はファイルのサイズよりいくらか大きいが、ファイル が
              ホール (穴) を持っている場合は小さくなることもある。

              各 ファイルの割り当て量は 1024 バイトブロック単位でファイル名の
              左に表示される。しかし、このブロックサイズは上書きされるかも し
              れない。

       -t, --sort=time
              ア ルファベット順ではなく修正時刻 (inode の ‘mtime’) でソートす
              る。最も新しいファイルが最初にくる。

       -u     修正時刻ではなく最終アクセス時刻 (inode の ‘atime’) でディレ ク
              ト リの中身をソートする。長いリスト表示形式が使われる場合、修正
              時刻ではなく最終アクセス時刻が表示される。

       -v, --sort=version
              バージョン名とバージョン番号でソートする。バージョンの一番低 い
              ものが最初にくる。デフォルトのソートのように動作するが、10 進の
              数字のシーケンスは、インデックス番号またはバージョン番号とし て
              数値的に扱われる。ゼロを前にもつ数値部分は小数として扱われる。

                 ls -1           ls -1v
                 bar-1.gz        bar-1.gz
                 bar-100.gz      bar-2.gz
                 bar-12.gz       bar-12.gz
                 bar-2.gz        bar-100.gz
                 foo-1.007.gz    foo-1.007.gz
                 foo-1.012b.gz   foo-1.01a.gz
                 foo-1.01a.gz    foo-1.012b.gz

       -w, --width cols
              ス クリーンの幅を cols 文字と仮定する。可能ならばターミナルドラ
              イバからデフォルトの値を採用する。それが不可能な場合には、環 境
              変数 COLUMNS が設定されていればその値を使う。設定されていない場
              合のデフォルトは 80 文字である。

       -x, --format=across, --format=horizontal
              ファイルを複数列でリスト表示する。水平方向にソートする。

       -A, --almost-all
              ディレクトリ内の ‘.’ と ‘..’ 以外のすべてのファイルをリスト表示
              する。

       -B, --ignore-backups
              コ マンドラインで指定した場合を除いて、‘~’ で終わるファイルをリ
              スト表示しない。

       -C, --format=vertical
              ファイルを複数列でリスト表示する。垂直方向にソートする。標準 出
              力 が端末のときのデフォルトである。 dir と d ではこのオプション
              が常にデフォルトになっている。最も少ない行でなるべく多くのフ ァ
              イルを表示するため GNU ls は可変幅の列を使う。

       -D, --dired
              長 いリスト表示 (-l) と一緒に使われた場合、メインの出力の後に以
              下のような追加の行を表示する:

                 //DIRED//
                 BEG1 END1 BEG2 END2 ...

              BEGn と ENDn は符号なし整数で、リスト出力における各ファイル名の
              始 めと終わりのバイト位置を記録したものである。このオプションを
              使うと、ファイル名にスペースや改行といった普段使わない文字が 含
              まれている場合でも、 Emacs でファイル名を探すのが (ファンシー検
              索 (fancy searching) を使わなくても) 簡単になる。

              ディレクトリが再帰的にリスト表示される (-R オプションの) 場合、
              各サブディレクトリの後に以下ような行を出力する:

                 //SUBDIRED//
                 BEG1 END1 ...

              最後に、以下のような行を出力する。

                 //DIRED-OPTIONS// --quoting-style=WORD

              ここで WORD はクォートのスタイルである。

       -F, --classify
              --indicator-style=classify と同じ。

       -G, --no-group
              長 い形式でのディレクトリのリスト表示の場合に、グループ情報の表
              示をさせない。

       -H, --si
              それぞれのサイズについて、例えばメガバイトなら M といったサイズ
              文 字を付加する (SIとは国際単位系のことで、これらの文字を接頭辞
              と定義している)。 2 の累乗ではなく 10 の累乗を用いるので、 M は
              1,000,000   バ イ ト を 表す。 2 の累乗にしたいときは -h または
              --human-readable オプションを使うこと。

       -I, --ignore=pattern
              コマンドラインで与えられない限り、シェルパターン pattern (注 :
              正 規表現とは異なる) にマッチする名前のファイルはリスト表示しな
              い。シェルと同様に、ファイル名の先頭にある ‘.’ は pattern の 始
              めにあるワイルドカードにはマッチしない。たとえば、

              lightside:~% ls --ignore=’.??*’ --ignore=’.[^.]’ \
                 --ignore=’#*’

              では、 1 つ目のオプションが ‘.’ で始まる 3 文字以上の長さの名前
              をリストから除外する。また、2 つ目のオプションが ‘..’  以 外 の
              ‘.’ で始まる 2 文字の名前を除外する。さらに、3 つ目のオプション
              が ‘#’ で始まる名前をリストから除外する。

       -L, --dereference
              シンボリックリンクそのものではなく、参照しているファイルの情 報
              をリスト表示する。

       -N, --literal
              ファイル名中の非表示文字の変換を行わない。

       -Q, --quote-name, --quoting-style=c
              ファイル名をダブルクォートで囲む。さらに、非表示文字を C 言語で
              使われている形式に変換して表示する。

       -R, --recursive
              すべてのディレクトリの中身を再帰的にリスト表示する。

       -S, --sort=size
              アルファベット順でなく、ファイルサイズでディレクトリの中身を ソ
              ートする。最も大きいファイルが最初に表示される。

       -T, --tabsize cols
              タブストップの幅を cols 文字分と仮定する。デフォルトは 8 文字分
              。 ls は効率をよくするために出力中の可能な場所でタブを 使 う 。
              cols がゼロの場合、タブをまったく使わない。

       -U, --sort=none
              デ ィレクトリの中身をソートせず、ディスク上にある順番にリスト表
              示する (-U と -f の違いは、-f オプションが他のオプションを有 効
              にしたり無効にしたりする点にある)。非常に大きなディレクトリをリ
              スト表示する場合、このオプションは特に有用である。なぜなら、 ソ
              ートをしないことにより著しく速くできるからである。

       -X, --sort=extension
              ディレクトリの中身をファイル拡張子 (最後の ‘.’ の後につづく文字
              列) のアルファベット順にソートする。拡張子のないファイルは最 初
              にソートされる。

       --block-size=SIZE
              環境変数の値を上書きして、ブロックサイズを SIZE に設定する。

       --color[=when]
              フ ァイルタイプを区別するための色づけの有無を指定する。色は環境
              変数 LS_COLORS を用いて指定される。この変数の設定法についての情
              報 は dircolors(1) を参照すること。 when は省略できる。以下のい
              ずれか 1 つを指定することもできる:

              none   まったく色づけしない。これがデフォルトである。

              auto   標準出力が端末の場合のみ色づけする。

              always 常に色づけする。 --color を指定して when に何にも指定 し
                     ないのは --color=always と等しい。

       --full-time
              時 刻に関する情報を標準の省略形式ではなく完全な形式でリスト表示
              する。時刻の表示形式は date(1) のデフォルトと同じ。この形式は変
              更 で き ないが、時刻の文字列を cut(1) で取り出し、結果を ‘date
              -d’ に渡すことができる。

              時刻の出力に秒単位の情報を含んでいるので、このオプションはと て
              も有用である。 (Unix ファイルシステムは、四捨五入した秒単位まで
              のタイムスタンプしか持たないので、このオプションはタイムスタ ン
              プにあるすべての情報を表示する。) 例えば、Makefile でファイルを
              正しく再生成してくれない場合にこのオプションが役立つ。

       --indicator-style=WORD
              各ファイル名にファイルタイプを示す文字を付加する。付加される 文
              字は WORD に依存する:

              none   ファイルタイプを示す文字を付加しない。これがデフォルトの
                     動作である。

              file-type
                     ディレクトリに ‘/’ を、シンボリックリンクに  ‘@’   を 、
                     FIFO  に ‘|’ を、ソケットに ‘=’ を付加する。通常のファイ
                     ルには何もつけない。 -p と --file-type に等しい。

              classify
                     file-type と同じであるが、さらに実行可能ファイルには ‘*’
                     をつける。 -F と --classify に等しい。

       --quoting-style=WORD
              出 力されるファイル名をクォートするために、 WORD で指示されるス
              タイルを使用する。 WORD は次のいずれかでなければならない:

              literal
                     ファイル名をそのまま出力する。これがデフォルトの動作であ
                     る が、将来のバージョンでは shell がデフォルトになるかも
                     しれない。

              shell  ファイル名がシェルのメタキャラクタを含む場合や、シェルに
                     よくわからない出力を引き起こさせるかもしれない場合には、
                     ファイル名をクォートする。

              shell-always
                     通常はクォートを必要としないファイル名に対しても、クォー
                     トを行う。

              c      C   言語における文字列の形式でファイル名をクォートする。
                     -Q と --quote-name に等しい。

              escape c と同じであるが、ファイル名を囲むダブルクォート文字を省
                     略する。 -b と --escape に等しい。

              locale c 形式と似ているが、 "このように" 適切なロケール固有のク
                     ォートシンボルを使う。

              clocale
                     c 形式と似ているが、 ‘このように’ 適切なロケール固有のク
                     ォートシンボルを使う。

              --quoting-style   オ プ シ ョンのデフォルトの値は環境変数 QUOT-
              ING_STYLE で指定することができる。

       --show-control-chars
              ファイル名の中の非表示文字をそのまま出力する。出力が端末でな い
              か、プログラムが ls でない場合はデフォルトである。

       --time=atime, --time=access
              --sort=time または -t と一緒に使われると、 -u (atime でソートす
              る) と等しくなる。普通に時刻を表示するオプションと一緒に使わ れ
              る と、各ファイルの最終修正時刻ではなく最終アクセス時刻を表示す
              る。

       --time=ctime, --time=status, --time=use
              --sort=time または -t と一緒に使われると、 -c (ctime でソートす
              る)  と等しくなる。普通に時刻を表示するオプションと一緒に使われ
              ると、各ファイルの最終修正時刻ではなく inode の最終変更時刻を表
              示する。

GNU 標準オプション
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストの終りを示す。

ブロックサイズ
       デ フォルトの出力ファイルブロックサイズは 1024 バイト (POSIXLY_CORRECT
       が設定されているときは 512 バイト) である。この値は以下の環境変数の ど
       れ か を 設 定 す る こ と で 変更できる。また、これらの環境変数の値は
       --block-size=SIZE がオプションに与えられると無視される。

       優先順位:
              LS_BLOCK_SIZE, BLOCK_SIZE, POSIXLY_CORRECT.

       これらの変数の値は、数字でも human-readable でも si でもよい。数字の後
       に は、何倍であるかを指定するサイズ文字と、通常のバイトを選択する B ま
       たは 10 進の「商業用」バイトを選択する D を続けてもよい 。 た と え ば
       、‘BLOCK_SIZE=1KB’ は ‘BLOCK_SIZE=1024’ に等しく、 ‘BLOCK_SIZE=1KD’ は
       ‘BLOCK_SIZE=1000’ に等しい。

       以下の文字が認識される (また --human-readable と --si オプションで表示
       されるときに用いられる)

       k      キロ: --human-readable なら 2^10 = 1024、 --si なら 10^3 = 1000

       M      メガ: 2^20 = 1,048,576 または 10^6 = 1,000,000

       G      ギガ: 2^30 = 1,073,741,824 または 10^9 = 1,000,000,000

       T      テラ: 2^40 = 1,099,511,627,776 または 10^12 = 1,000,000,000,000

       P        ペ  タ:   2^50  =  1,125,899,906,842,624   ま た は  10^15  =
              1,000,000,000,000,000

       E      エクサ: 2^60  =  1,152,921,504,606,846,976   ま た は  10^18  =
              1,000,000,000,000,000,000

       Z       ゼ タ:  2^70  =  1,180,591,620,717,411,303,424  または 10^21 =
              1,000,000,000,000,000,000,000

       Y      ヨタ: 2^80 = 1,208,925,819,614,629,174,706,176 または  10^24  =
              1,000,000,000,000,000,000,000,000

環境変数
       変数 LS_BLOCK_SIZE, BLOCK_SIZE, POSIXLY_CORRECT は出力ファイルブロック
       サイズの選択を決定する。変数 COLUMNS は (10 進の整数表現を含んでいる場
       合)、 (-C オプションで使われる) 出力の列の幅を決定する。ファイル名は複
       数列での出力にあわせるために短くされたりはしない。変 数  QUOTING_STYLE
       は 出力のクォートのスタイルを決定する。変数 LS_COLORS は使用される色を
       指定するために使われる。 変 数  LANG,  LC_ALL,  LC_COLLATE,  LC_CTYPE,
       LC_MESSAGES,  LC_TIME が通常の意味を持つ。変数 TZ は ls によって書き出
       される時刻の文字列のためのタイムゾーンを与える。

バグ
       BSD システムでは、HP-UX システムから NFS マウントしたファイルに対し て
       、  -s オプションでは正しい値の半分の値を表示してしまう。 HP-UX システ
       ムでは、BSD システムから NFS マウントしたファイルに対して、 ls は正 し
       い 値の 2 倍の値を表示してしまう。これは HP-UX の欠陥によるもので、HP-
       UX の ls プログラムにも影響を及ぼしている。

準拠
       POSIX 1003.2

関連項目
       dircolors(1)

注意
       このページは fileutils-4.1 パッケージの ls コマンドについて説明した も
       のである; その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。修正や追加
       は aeb@cwi.nl, aw@mail1.bet1.puv.fi, ragnar@ragnar-hojland.com 宛に メ
       ー ル で 連 絡 し て く だ さい。プログラムのバグについては bug-fileu-
       tils@gnu.org へ報告してください。

GNU fileutils 4.1                18 June 2002                            LS(1)
       サイズの選択を決定する。変数 COLUMNS は (10 進の整数表現を含んでいる場
       合)、 (-C オプションで使われる) 出力の列の幅を決定する。ファイル名は複
       数列での出力にあわせるために短くされたりはしない。変 数  QUOTING_STYLE
       は 出力のクォートのスタイルを決定する。変数 LS_COLORS は使用される色を
       指定するために使われる。 変 数  LANG,  LC_ALL,  LC_COLLATE,  LC_CTYPE,
       LC_MESSAGES,  LC_TIME が通常の意味を持つ。変数 TZ は ls によって書き出
       される時刻の文字列のためのタイムゾーンを与える。

バグ
       BSD システムでは、HP-UX システムから NFS マウントしたファイルに対し て
       、  -s オプションでは正しい値の半分の値を表示してしまう。 HP-UX システ
       ムでは、BSD システムから NFS マウントしたファイルに対して、 ls は正 し
       い 値の 2 倍の値を表示してしまう。これは HP-UX の欠陥によるもので、HP-
       UX の ls プログラムにも影響を及ぼしている。

準拠
       POSIX 1003.2

関連項目
       dircolors(1)


ls -al | more

 閲覧数:148 投稿日:2016-03-30 更新日:2016-03-30 

少しづつ表示


画面が流れて目視で追えない時
ls -al | more


ls -R -la

 閲覧数:159 投稿日:2017-03-08 更新日:2017-03-08 

-Rオプション


ディレクトリ内容を再帰的に表示

ls -R -la
・ディレクトリ内容に対して再帰的にls -la表示

$ ls -R -la  
                                                                                                                                     
.:
合計 352
drwxr-xr-x  5 root root  4096  3月  7 21:17 2017 .
drwxr-xr-x 15 root root  4096  3月  7 21:17 2017 ..
-rw-r--r--  1 1000 1000  7342  6月 23 13:31 2016 Makefile
drwxr-xr-x  2 1000 1000  4096  6月 23 13:31 2016 _ext
-rw-r--r--  1 1000 1000  9671  6月 23 13:31 2016 conf.py
-rw-r--r--  1 1000 1000 95019  6月 23 13:31 2016 config.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  1939  6月 23 13:31 2016 copyright.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000 26769  6月 23 13:31 2016 credits.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000   380  6月 23 13:31 2016 developers.rst
drwxr-xr-x  2 1000 1000  4096  6月 23 13:31 2016 doctrees
-rw-r--r--  1 1000 1000 89495  6月 23 13:31 2016 faq.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000 12086  6月 23 13:31 2016 glossary.rst
drwxr-xr-x  4 1000 1000  4096  6月 23 13:31 2016 html
lrwxrwxrwx  1 root root    52  3月  7 21:17 2017 html;58bea4d1 -> ../../../../usr/share/doc/phpMyAdmin-4.0.10.18/html/
-rw-r--r--  1 1000 1000  1131  6月 23 13:31 2016 import_export.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000   561  6月 23 13:31 2016 index.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  2652  6月 23 13:31 2016 intro.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  6467  6月 23 13:31 2016 make.bat
-rw-r--r--  1 1000 1000   521  6月 23 13:31 2016 other.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  2321  6月 23 13:31 2016 privileges.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  1648  6月 23 13:31 2016 require.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000 30918  6月 23 13:31 2016 setup.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  6446  6月 23 13:31 2016 transformations.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000   117  6月 23 13:31 2016 user.rst
-rw-r--r--  1 1000 1000  1208  6月 23 13:31 2016 vendors.rst

./_ext:
合計 16
drwxr-xr-x 2 1000 1000 4096  6月 23 13:31 2016 .
drwxr-xr-x 5 root root 4096  3月  7 21:17 2017 ..
-rw-r--r-- 1 1000 1000 6618  6月 23 13:31 2016 configext.py

./doctrees:
合計 2304
drwxr-xr-x 2 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 .
drwxr-xr-x 5 root root   4096  3月  7 21:17 2017 ..
-rw-r--r-- 1 1000 1000 829233  6月 23 13:31 2016 config.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   8636  6月 23 13:31 2016 copyright.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000 234432  6月 23 13:31 2016 credits.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   4363  6月 23 13:31 2016 developers.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000 238048  6月 23 13:31 2016 environment.pickle
-rw-r--r-- 1 1000 1000 578997  6月 23 13:31 2016 faq.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000  94211  6月 23 13:31 2016 glossary.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   5568  6月 23 13:31 2016 import_export.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   5674  6月 23 13:31 2016 index.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000  23258  6月 23 13:31 2016 intro.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   4943  6月 23 13:31 2016 other.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000  11118  6月 23 13:31 2016 privileges.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000  16593  6月 23 13:31 2016 require.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000 208229  6月 23 13:31 2016 setup.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000  30793  6月 23 13:31 2016 transformations.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   2823  6月 23 13:31 2016 user.doctree
-rw-r--r-- 1 1000 1000   8247  6月 23 13:31 2016 vendors.doctree

./html:
合計 964
drwxr-xr-x 4 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 .
drwxr-xr-x 5 root root   4096  3月  7 21:17 2017 ..
-rw-r--r-- 1 1000 1000    230  6月 23 13:31 2016 .buildinfo
drwxr-xr-x 2 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 _sources
drwxr-xr-x 2 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 _static
-rw-r--r-- 1 1000 1000 277294  6月 23 13:31 2016 config.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   6498  6月 23 13:31 2016 copyright.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  44872  6月 23 13:31 2016 credits.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   4611  6月 23 13:31 2016 developers.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000 195417  6月 23 13:31 2016 faq.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000 125304  6月 23 13:31 2016 genindex.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  31506  6月 23 13:31 2016 glossary.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   6279  6月 23 13:31 2016 import_export.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  12926  6月 23 13:31 2016 index.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   9815  6月 23 13:31 2016 intro.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  10426  6月 23 13:31 2016 objects.inv
-rw-r--r-- 1 1000 1000   5388  6月 23 13:31 2016 other.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   7926  6月 23 13:31 2016 privileges.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   7891  6月 23 13:31 2016 require.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   3304  6月 23 13:31 2016 search.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  61650  6月 23 13:31 2016 searchindex.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000  93816  6月 23 13:31 2016 setup.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000  12480  6月 23 13:31 2016 transformations.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   5812  6月 23 13:31 2016 user.html
-rw-r--r-- 1 1000 1000   6008  6月 23 13:31 2016 vendors.html

./html/_sources:
合計 312
drwxr-xr-x 2 1000 1000  4096  6月 23 13:31 2016 .
drwxr-xr-x 4 1000 1000  4096  6月 23 13:31 2016 ..
-rw-r--r-- 1 1000 1000 95019  6月 23 13:31 2016 config.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  1939  6月 23 13:31 2016 copyright.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000 26769  6月 23 13:31 2016 credits.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000   380  6月 23 13:31 2016 developers.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000 89495  6月 23 13:31 2016 faq.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000 12086  6月 23 13:31 2016 glossary.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  1131  6月 23 13:31 2016 import_export.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000   561  6月 23 13:31 2016 index.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  2652  6月 23 13:31 2016 intro.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000   521  6月 23 13:31 2016 other.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  2321  6月 23 13:31 2016 privileges.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  1648  6月 23 13:31 2016 require.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000 30918  6月 23 13:31 2016 setup.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  6446  6月 23 13:31 2016 transformations.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000   117  6月 23 13:31 2016 user.txt
-rw-r--r-- 1 1000 1000  1208  6月 23 13:31 2016 vendors.txt

./html/_static:
合計 432
drwxr-xr-x 2 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 .
drwxr-xr-x 4 1000 1000   4096  6月 23 13:31 2016 ..
-rw-r--r-- 1 1000 1000    673  6月 23 13:31 2016 ajax-loader.gif
-rw-r--r-- 1 1000 1000   8452  6月 23 13:31 2016 basic.css
-rw-r--r-- 1 1000 1000   3500  6月 23 13:31 2016 comment-bright.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000   3578  6月 23 13:31 2016 comment-close.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000   3445  6月 23 13:31 2016 comment.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000   4040  6月 23 13:31 2016 default.css
-rw-r--r-- 1 1000 1000   6680  6月 23 13:31 2016 doctools.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000    368  6月 23 13:31 2016 down-pressed.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000    363  6月 23 13:31 2016 down.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000    392  6月 23 13:31 2016 file.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000 252879  6月 23 13:31 2016 jquery.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000    199  6月 23 13:31 2016 minus.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000    199  6月 23 13:31 2016 plus.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000   3991  6月 23 13:31 2016 pygments.css
-rw-r--r-- 1 1000 1000  17858  6月 23 13:31 2016 searchtools.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000   4803  6月 23 13:31 2016 sidebar.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000  47559  6月 23 13:31 2016 underscore.js
-rw-r--r-- 1 1000 1000    372  6月 23 13:31 2016 up-pressed.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000    363  6月 23 13:31 2016 up.png
-rw-r--r-- 1 1000 1000  25246  6月 23 13:31 2016 websupport.js


Twitter検索結果。「ls」に関する最新ツイート

mijuppe @mimizuki_1101
やめとけやめとけ! @LSyametoke
脳みそ便器 @ZAN_TO_LS
ハリーちゃんだよ! @harrysan_LS
kito(キット) @kito_ls_s
kito(キット) @kito_ls_s
おきた2 2021/09/23 23:22



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 less 67
2 sed 40
3 host 33
4 bash 33
5 paste 29
6 umask 29
7 mailx 29
8 Gulp.jsインストール 27
9 startx 25
10 Basic認証 22
11 history 22
12 Options 22
13 Systemd 22
14 Postfix 22
15 Telnet / Windows7 21
16 basename 20
17 CasperJS 20
18 ファイル閲覧 / cat / less 19
19 申込→公開5.VirtualHost設定 18
20 columnコマンド 17
2021/9/23 23:25 更新
週間人気ページランキング / 9-16 → 9-22
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 19
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 14
3 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 13
4 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 12
5 touch コマンド / viコマンド。新規ファイル作成時の違い | Linuxコマンド 8
6 ソースからビルドしたPython 2.7.3 アンインストール失敗 | Python(プログラミング言語) 7
6 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 7
6 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 7
6 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 7
6 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
6 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 7
7 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
7 Python 3.6 インストール / make altinstall | Python(プログラミング言語) 6
7 さくらVPS0 6
8 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 5
9 PHP Version 7.1.2 php-mecabエクステンション対応 / PHP 7.0.14 からのアップグレード  | MeCab(形態素解析) 4
9 echo と cat の違い 4
9 phpMyAdmin 4.4.3(phpMyAdmin) カテゴリー 4
9 tar: これは tar アーカイブではないようです 4
9 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/23 1:01 更新