man

Linuxコマンドman

manとは?

 状態:-  閲覧数:1,332  投稿日:2013-04-21  更新日:2018-05-11

マニュアルページ表示


「オンラインマニュアルページを表示する」UNIXコマンド
・引数としてコマンド等の単語を指定すると、「使い方など、コマンドの説明」が表示される
※UNIX では、基本的に全てのコマンドにオンラインマニュアルが用意されている

オンラインマニュアルとは?
・印刷物ではなく、コンピュータ上で閲覧する形で用意されているヘルプ文書のこと
・「オンライン」という語からインターネットのようなコンピュータネットワークを連想するが、ネットワークを利用しなくてもコンピュータ上で閲覧できるのもはすべてオンラインマニュアル(ヘルプ)と呼ぶので注意が必要


man コマンドが表示する内容


・名前(NAME), 書式(SYNOPSIS), 説明(DESCRIPTION),オプション(OPTION), 利用方法(USAGE), 環境変数(ENVIRONMENT),関連項目(SEE ALSO), バグ(BUGS), 著者(AUTHER) など
※日本語環境で日本語マニュアルがインストールされているときは、日本語で表示される


man 画面終了


q


manコマンドが参照する「オンラインマニュアル」

 閲覧数:419 投稿日:2013-04-21 更新日:2018-05-11 

何を表示させているの?


manコマンドが参照するオンラインマニュアルの実体
・制御コマンドを埋め込んだテキストファイル
・例えば、同形式のファイルを自分で作成して然るべきディレクトリに格納しその場所をmanコマンドで指定すれば、独自に作成したmanページを表示させることも可能

man ◇◇で表示されるのは?
glibcのヘッダファイルに関する説明
・この C ライブラリの詳細が man-pages プロジェクトの一連のページ (主にマニュアルのセクション 3) に記載されている

どこにあるの?


▼/usr/share/man/

日本語ファイルは?
・下記ディレクトリに格納されている
▼/usr/share/man/ja/
$ cd /usr/share/man/ja/  
                                                                                       
$ ls -la
合計 128
drwxr-xr-x. 11 root root  4096  2月 22 11:13 2013 .
drwxr-xr-x. 52 root root  4096  7月 12 16:11 2012 ..
drwxr-xr-x.  2 root root 16384  7月 13 19:19 2016 man1
drwxr-xr-x.  2 root root 20480  2月 14 18:03 2016 man2
drwxr-xr-x.  2 root root 53248  2月 14 18:03 2016 man3
drwxr-xr-x.  2 root root  4096  2月 14 18:03 2016 man4
drwxr-xr-x.  2 root root  4096  7月 13 19:19 2016 man5
drwxr-xr-x.  2 root root  4096  2月 14 18:03 2016 man6
drwxr-xr-x.  2 root root  4096  2月 14 18:03 2016 man7
drwxr-xr-x.  2 root root 12288  7月 13 19:19 2016 man8
drwxr-xr-x.  2 root root  4096  3月 10 19:21 2015 man9



ファイルの保存形式は?


・「★★.1.gz」「○○.2.gz」といった man 用のファイル書式で保存されている


中を見ることは出来るの?


・もちろん可能
・ダウンロードして解凍してみる
▼/usr/share/man/ja/man5/man.conf.5.gz
.\" @(#)man.conf
.\"
.\" Japanese Version Copyright (c) 1997 HANATAKA Shinya
.\"         all rights reserved.
.\" Translated Thu Jan 29 01:49:33 JST 1998
.\"         by HANATAKA Shinya <hanataka@abyss.rim.or.jp>
.\"
.TH MAN.CONF 5 "30 Mar 1994"
.SH 名前
man.conf \- man コマンドのための設定ファイル
.SH 説明
.LP
このファイルは
.BR man (1)
コマンドに読み込まれ、(a) man のため検索パスをどのやって構築するかの情報、
(b) nroff, eqn, tbl などのような man によって使用されるいくつかの
プログラムの完全なパス名、(c) ファイルの拡張子ごとの展開方法、などの
情報を含んでいる。このファイルの別のバージョンを以下のように
指定することができる。
.LP
.RS
man -C private_man.conf ...
.RE
.LP
コマンド名にはオプションを付けることができる。
nroff に関しての便利なオプションを grotty(1) に見つけることができる。
例えば、デフォルトの
.LP
.RS
.nf
NROFF /usr/bin/groff -mandoc -Tlatin1
.fi
.RE
.LP
のかわりに
.LP
.RS
.nf
NROFF /usr/bin/groff -mandoc -Tlatin1 -P-u -P-b
.fi
.RE
.LP
と書き込むことができ、下線や重ね打ちを抑制することができる。
.SH ファイル
.I "/usr/share/misc/man.conf"
.SH 関連項目
col(1), (g)eqn(1), (g)pic(1), groff(1), grotty(1), (g)refer(1), (g)tbl(1),
less(1), man(1), compress(1), gzip(1).


レイアウトが崩れている理由は?


ドキュメント(manページ)は、テキスト内に制御コマンドを挿入することによってボールドやインデントなどの書式を実現している
・そのためダウンロード後テキスト形式で表示させてみても、制御コマンドを評価できないため、レイアウトは崩れてしまう

$ man man | col -b > output.txt
man コマンド出力結果のテキスト化
Linux の man ページで、段落内のみ改行せずにテキスト出力


$ zcat /usr/share/man/ja/man1/man.1.gz | groff -mandoc -Thtml > output.html


「man コマンド」の分類

 閲覧数:292 投稿日:2013-04-22 更新日:2013-04-26 

概要


・下記「章分類」は、ページ先頭に「 単語(章) 」のように表示される
・また、関連項目の欄にも、「関連する単語」と「章番号」が表示されまる

表示する内容を指定してマニュアルを表示する方法
・man 章番号 単語


「章分類」一覧


1.コマンド
・一般に利用されるコマンド

2.システムコール
・カーネルによって処理される関数

3.ライブラリコール
・ライブラリ関数など

4.スペシャルファイル
・/dev 以下にあるファイル

5.ファイルのフォーマットと規約
・テキスト形式のファイルフォーマット

6.ゲーム

7.マクロパッケージと規約
・ファイルシステムの配置, ネットワークプロトコル, 文字コードなど

8.システム管理コマンド
・root 権限で実行するコマンド

9.カーネルルーチン

man man

 閲覧数:319 投稿日:2013-04-26 更新日:2016-12-18 
$ man man
man(1)                                                                  man(1)

名前
      man - オンラインマニュアルページを整形し表示する。
      manpath - ユーザー個々のマニュアルページの検索パスを決める。

書式
      man [-adfhktwW] [-m system] [-p string] [-C config_file] [-M path] [-P pager] [-S section_list] [section] name ...

説明
      man はオンライン・マニュアル・ページを整形し表示する。このバージョンの
      man  コマンドでは環境変数 MANPATH と (MAN)PAGER を設定できる。これによ
      り、個人的なマニュアルページを設定したり、整形したページを表示するプロ
      グラムを好きに選べる。 section を指定すると、 man はマニュアルのそのセ
      クションのみ探す。またコマンドライン・オプションや環境変数で、それぞれ
      のセクションを検索する順序や、ソース・ファイルに対してどんなプリプロセ
      ッサを用いるかを指定したりすることができる。 name に / が含まれてい る
      とき man コマンドはまずファイル名として扱う。したがって man ./foo.5
      たは man /cd/foo/bar.1.gz とさえできる。

オプション
      -C  config_file
             使用する man.conf ファイ ル を 指 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は
             /etc/man.config (参照: man.conf(5))

      -M  path
             マ ニュアル・ページを探すディレクトリのリストを指定する。このオ
             プションを指定しない場合、環境変数 MANPATH を使う。この環境変数
             も指定しないと、 /etc/man.config に指定されたデフォルトのリスト
             を使う。 MANPATH 中の空の文字列はデフォルトのリストを意味する。

      -P  pager
             使用するページャーを指定する。このオプションは環境変数 MANPAGER
             より優先する。この環境変数は PAGER よりも優先する。デフォルトで
             は man は /usr/bin/less-is
を使用する。

      -S  section_list
             コ ロンで分けられたリストで、マニュアルを探すセクションを指定す
             る。このオプションは環境変数 MANSECT より優先される。

      -a     デフォルトでは、man は見つかった最初のマニュアルページを表示 し
             た あと終了する。このオプションを使うと、man は最初にみつかった
             ものだけでなく name にマッチしたすべてのページを表示する。

      -c     最新の cat 形式のページがあってもマニュアルページのソースを整形
             しなおす。このオプションは cat ページが端末と違った幅で整形され
             ているときや壊れている場合などに有用である。

      -d     マニュアル・ページを表示せず、大量のデバッグ情報を出力する。

      -D     デバッグ情報とマニュアル・ページの両方を表示する。

      -f     whatis コマンドと同じ。

      -h     1行ヘルプ・メッセージを表示して終了する。

      -k     apropos コマンドと同じ。 -K 「全ての」マニュアル・ページより 指
             定した文字列を探す。警告: これは非常に遅いので セクションを指定
             した方が良い。(私のマシンでは、だいたいの目安として、500 ページ
             を検索するのに 1分間かかる。)

      -m  system
             別のシステムのマニュアル・ページを検索するように指定する。

      -p  string
             nroff や troff のまえに実行するプリプロセッサの順番を指定する。
             インストールの状態によってはフルセットのプリプロセッサが用意 さ
             れ てないかもしない。いくつかのプリプロセッサとそれを指し示す文
             字は次のとおり: eqn (e), grap (g), pic (p),  tbl  (t),  vgrind
             (v),  refer (r)。このオプションは環境変数 MANROFFSEQ より優先さ
             れる。

      -t     マニュアル・ページの整形に /usr/bin/groff -Tps -mandoc を使い、
             stdout  に出力する。 /usr/bin/groff -Tps -mandoc からの出力は印
             刷するまえになんらかのフィルターなどを通す必要があるかもしれ な
             い。

      -w or --path
             マ ニュア・ルページを表示せず、すでにフォーマットまたは表示に使
             用するソース・ファイルの位置を表示する。引数を与えないと man が
             マ ニュア・ルページを検索するディレクトリのリストを(標準出力に)
             表示する。 manpath が man にリンクされているときは "manpath" は
             "man --path" と同じになる。

      -W     -w に似ているが、ファイル名を追加情報なしに1行1つずつ表示する
             。これはシェル上で ,B "man -aW man | xargs ls -l" などと使う の
             に便利である。

CAT ページ
      man コマンドはすでに整形されたマニュアルページを、次にそのページが必要
      になったときの整形時間の節約のために、保存しようとす る 。 伝 統 的 に
      、DIR/manX  の整形済みマニュアルは DIR/catX にセーブされるが、man ディ
      レクトリから cat ディレクトリへの他のマッピング方法を  /etc/man.config
      に 指定できる。 cat ディレクトリが用意されてなかった場合、cat ページは
      セーブされない。

      man コマンドをユーザー man に suid することができる。そのすると
       cat ディレクトリのオーナーが man かつモードが 0755 (ユーザー man だけ
      が書き込み可)で、cat ファイルのオーナーが man かつモードが 0644 または
      0444 (ユーザー man だけが書き込み可、またはユーザーすべてが書き込み 不
      可)  のとき、普通のユーザーは cat ページを変更したり他のファイルを cat
      ディレクトリ置いたりすることができなくなる。 man コマンドが suid さ れ
      ていなければ、すべてのユーザーが cat ページを cat ディレクトリに置ける
      ように、 cat ディレクトリのモードを 0777 にする必要がある。

      cat ページがあったとしても、オプション -c をつけると強制的にマニュアル
      ページを再整形する。

環境変数
      MANPATH
             MANPATH  を設定すると、マニュアル・ページを探すときそのパスを使
             う。

      MANROFFSEQ
             MANROFFSEQ を設定すると、nroff や troff の前に実行するプリプ ロ
             セ ッサを決定するのにその値を使う。デフォルトではマニュアルペー
             ジは nroff のまえにテーブル用のプリプロセッサに通される。

      MANSECT
             MANSECT を設定すると、その値を元にどのマニュアル・セクション を
             探すかを決める。

      MANWIDTH
             MANWIDTH を設定すると、その値を表示するマニュアル・ページの幅と
             して使用する。指定しなかった場合には画面の幅一杯まで使用する。

      MANPAGER
             MANPAGER を設定すると、マニュアル・ページを表示するプログラムと
             して使用する。指定しなかった場合には、 PAGER が使用される。どち
             らも設定されていない場合には /usr/bin/less -is が使われる。

      LANG   LANG を設定すると、man コマンドその名前のサブディレクトリから最
             初 にマニュアル・ぺージを探す。それゆえ、’LANG=dk man 1 foo’ と
             コマンドラインから打つと、man コマンドはまず  .../dk/man1/foo.1
             を探し、見つからなければ .../man1/foo.1 を探す。この ... はサー
             チパスのディレクトリである。

      NLSPATH, LC_MESSAGES, LANG
             環境変数 NLSPATH と LC_MESSAGES (また後者がないときは LANG ) は
             メ ッセージ・カタログの位置を指定する。 (英語のメッセージはコン
             パイル時に組み込まれているので、英語の場合は
              カタログは必要ない) man に呼び出される col(1) のような moプ ロ
             グラムは 、たとえば LC_CTYPE 使うことに注意すること。

      PATH   PATH はマニュアル・ページのデフォルトの検索パスの構築に使われる
             。

      SYSTEM SYSTEM はデフォルトのシステム名を得るのに使われる。 ( -m オプシ
             ョンとともに使う)

関連項目
      apropos(1), whatis(1), less(1), groff(1).

バグ
      -t オプションは troff ライクなプログラムがインストールされている場合の
      み有効である。
      もしハイフンのかわりに、点滅する \255 や <AD> が表示された場合には環境
      変数に ’LESSCHARSET=latin1’ を設定すると良い。

      ( 訳注: 日本語を使用する場合にはを使用するために、この方法では対応でき
      ない。groff のオプションで -Tnippon また -Tascii を使用すること。)

                             September 12, 1995


manコマンドで表示されるマニュアルのバージョン、と実際のバージョンは必ず一致するとは限らない

 閲覧数:134 投稿日:2018-08-16 更新日:2018-08-16 

具体例


CentOS7 grep
・翻訳が追いついていないため、コマンドの最新版とは一致していない

実際のバージョン


$ grep --version
grep (GNU grep) 2.20
Copyright (C) 2014 Free Software Foundation, Inc.
ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

作者 Mike Haertel および その他の方々は <http://git.sv.gnu.org/cgit/grep.git/tree/AUTHORS> を参照してください。


日本語の man grep


GNU grep 2.6.3

$ man grep
GREP(1)                                      General Commands Manual                                     GREP(1)

//中略

User Commands                                    GNU grep 2.6.3                                          GREP(1)
Manual page grep(1) line 518/575 (END) (press h for help or q to quit)


英語の man grep


GNU grep 2.20

$ LANG=C man grep
GREP(1)                                      General Commands Manual                                     GREP(1)

//中略

User Commands                                     GNU grep 2.20                                          GREP(1)



manコマンドで表示されるマニュアルのバージョン、と実際のバージョンについて
英語でmanページを表示するためには「$ LANG=C man ●●」。具体例「$ LANG=C man grep」

Twitter検索結果。「man」に関する最新ツイート

のりお✨元社畜の在宅起業家 @norio_man
PanickBoy @man_dadadada
あーちゃんぴ🐩 @chanpi__man
鶴亀🐢姉でシークレッター @tsurukame_man
のりお✨元社畜の在宅起業家 @norio_man
雨守ྀི @amamori_man

英語でmanページを表示するためには「$ LANG=C man ●●」。具体例「$ LANG=C man grep」



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 npm 67
2 make 57
3 basename 55
4 mailx 50
5 PhantomJS 50
6 umask 50
7 manページ日本語表示 43
8 anacron 40
9 mv 40
10 rm 40
11 man と info の違い 35
12 npmアップデート 33
13 Vagrant入門 33
14 tar 33
15 Vim 33
16 cat 33
17 columnコマンド 31
18 bash 29
19 more 29
20 cron 29
2021/9/21 11:43 更新
週間人気ページランキング / 9-14 → 9-20
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 29
2 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 21
3 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 11
4 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 10
5 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 9
6 PHP Version 7.1.2 php-mecabエクステンション対応 / PHP 7.0.14 からのアップグレード  | MeCab(形態素解析) 8
6 ソースからビルドしたPython 2.7.3 アンインストール失敗 | Python(プログラミング言語) 8
7 touch コマンド / viコマンド。新規ファイル作成時の違い | Linuxコマンド 7
7 さくらVPS0 7
8 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 6
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 6
9 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 5
9 設定 2019/1/22 / 一般ユーザがmailコマンドでメール送信 / 管理者がmailコマンドでメール送信 5
10 Postfix | メール処理システム 4
10 CentOSでcpコマンド動作確認するためには、Control + T ではなく、 -v オプションを使用 | cp(Linuxコマンド) 4
10 499 (Request has been forbidden by antivirus) | HTTP(通信プロトコル) 4
10 tar | Linuxコマンド 4
10 Python 3.6 インストール / make altinstall | Python(プログラミング言語) 4
10 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 4
10 echo と cat の違い 4
2021/9/21 1:01 更新