「certbotコマンド」と「certbot-autoコマンド」の違い

セキュリティCertbot

目次一覧

 状態:-  閲覧数:264  投稿日:2019-04-20  更新日:2019-05-21
比較一覧表 / certbotコマンド / certbot-autoコマンド

比較一覧表 / certbotコマンド / certbot-autoコマンド

 閲覧数:413 投稿日:2015-04-25 更新日:2019-05-21 

比較一覧表

- certbotコマンド certbot-autoコマンド
使用可能な環境 CentOS / RHEL 7上のNginx CentOS 6上のNginx

certbotコマンド


使用可能な環境
CentOS / RHEL 7上のNginx

詳細なヘルプ
$ certbot --help
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 certbot [SUBCOMMAND] [options] [-d DOMAIN] [-d DOMAIN] ...

Certbot can obtain and install HTTPS/TLS/SSL certificates.  By default,
it will attempt to use a webserver both for obtaining and installing the
certificate. The most common SUBCOMMANDS and flags are:

obtain, install, and renew certificates:
   (default) run   Obtain & install a certificate in your current webserver
   certonly        Obtain or renew a certificate, but do not install it
   renew           Renew all previously obtained certificates that are near
expiry
   enhance         Add security enhancements to your existing configuration
  -d DOMAINS       Comma-separated list of domains to obtain a certificate for

 (the certbot apache plugin is not installed)
 --standalone      Run a standalone webserver for authentication
 --nginx           Use the Nginx plugin for authentication & installation
 --webroot         Place files in a server's webroot folder for authentication
 --manual          Obtain certificates interactively, or using shell script
hooks

  -n               Run non-interactively
 --test-cert       Obtain a test certificate from a staging server
 --dry-run         Test "renew" or "certonly" without saving any certificates
to disk

manage certificates:
   certificates    Display information about certificates you have from Certbot
   revoke          Revoke a certificate (supply --cert-path or --cert-name)
   delete          Delete a certificate

manage your account with Let's Encrypt:
   register        Create a Let's Encrypt ACME account
   update_account  Update a Let's Encrypt ACME account
 --agree-tos       Agree to the ACME server's Subscriber Agreement
  -m EMAIL         Email address for important account notifications

More detailed help:

 -h, --help [TOPIC]    print this message, or detailed help on a topic;
                       the available TOPICS are:

  all, automation, commands, paths, security, testing, or any of the
  subcommands or plugins (certonly, renew, install, register, nginx,
  apache, standalone, webroot, etc.)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


certbot-autoコマンド


使用可能な環境
CentOS 6上のNginx

使用不可な環境
・CentOS / RHEL 7上のNginx
$ certbot-auto --help
-bash: certbot-auto: コマンドが見つかりません



QA。Let's Encrypt のインストール方法の違いについて / I’m unsubscribed from my email address. What should I do?

Certbot。各種パス



週間人気ページランキング / 9-19 → 9-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 16
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 15
3 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 11
4 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 10
5 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 8
5 さくらVPS0 8
6 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
6 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 7
7 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 6
7 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
7 echo と cat の違い 6
8 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 5
8 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 5
8 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 5
9 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
9 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
9 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/26 1:01 更新