1回目-2.「さくらVPS」で、2週間無料のお試し期間中に「CentOS7」✕「https」✕「Nginx」へ挑戦

さくらVPSCentOS 7 2週間無料のお試し期間 失敗1回目

参考になりそうなサイトを探す

 状態:-  閲覧数:603  投稿日:2017-12-28  更新日:2018-01-15

さくらVPSを起動

 閲覧数:107 投稿日:2017-12-28 更新日:2017-12-29 

さくらVPSを起動


コントロールパネルへログイン後、VPSを起動

Q


VPS起動について
・これはどこにある何を起動しているのですか?
・OSがインストールされていない状態で、何を起動している??

A


「さくらのVPS 」のご利用開始前はサーバを、停止した状態で提供
いたしております。


起動につきましては、VPSコントロールパネルから、仮想サーバの
起動をお客様自身で行っていただく必要があり、手順につきましては、
下記をご確認下さいますようお願い致します。

▼ サーバの起動・強制停止・再起動 > サーバの起動
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206207981

また、起動前のOSは「CentOS 6(x86_64)」をインストールした状態
で提供いたしております。

OSインストール

 閲覧数:139 投稿日:2017-12-28 更新日:2017-12-28 

前回


どうやってインストールしたか思い出せない
・エントリーを検索したが、何も見つからない

VPSコントロールパネル


VPSコントロールパネル経由でOSインストールことを決定
・インストール方法は3種類存在

1.標準OS
・ご契約されたプランの標準OSを再インストールします。

2.カスタムOS
・任意のOSを選択し、OSのインストーラを利用してマニュアルでインストールを行います。
カスタムOSインストールガイド - CentOS7 / ScientificLinux7 / Fedora 24
CentOS 7 パーティション設定手順

3.ISOイメージ
・アップロードしたISOイメージから仮想サーバを起動してインストールを行います。

検討した結果、標準OSでOSインストールすることを決定
・ISOイメージは保持していないため除外
・カスタムOS経由でインストールしているエントリーも見かけたが、カスタムOSをわざわざ選択した理由(メリット)を記載していなかったため不明

標準OSでCentOS7をインストール


選択肢は3種類存在
・CentOS7 x86_64
・KUSANAGI (CentOS7 x86_64)
・SiteGuard Lite (CentOS7 x86_64)

1.CentOS7 x86_64
・標準

2.KUSANAGI (CentOS7 x86_64)
・「KUSANAGI(くさなぎ)」はプライム・ストラテジー株式会社が開発した高速WordPress実行環境
さくらのVPS、標準OSに「KUSANAGI for さくらのVPS」 と「CentOS 7」カスタムOS に「FreeBSD 11.0-RELEASE」を追加

3.SiteGuard Lite (CentOS7 x86_64)
・JP-Secure社が開発する純国産のホスト型WAF(ウェブアプリケー ションファイアウォール)製品で、従来のファイアウォールでは防御できなかったウェブアプ リケーションの脆弱性を悪用した攻撃等を検知し、ブロックするWAF
さくらのVPS、標準OSに「SiteGuard Lite (CentOS 7 x86_64)」を追加

Q1


標準OSインストールについて
・CentOS7をインストールしたいのですが、3種類の違いについて教えてください

KUSANAGI
・WordPress使用が前提ですか?
・WordPress使用しない場合は、指定しない方が良い?
・それともWordPress使用しないPHPサイトでも高速化されるのでしょうか?

SiteGuard Lite
・CentOS7インストール後、SiteGuard Liteした内容と同じですか?
・どうせ「SiteGuard Lite」を追加するなら、最初からインストールされているコレを選択したほうが良い?

Q2


下記のように書かれているのですが、「CentOS_LetsEncrypt」はどこで選択するのですか?
・カスタムインストール??

「Let's Encrypt」のスタートアップスクリプト(CentOS_LetsEncrypt)の提供を開始いたしました

冬期休業期間


2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)
・回答が2018年になることも考えるため、見切り発車してくことにする

スタートアップスクリプト


さくらのVPS 新機能「スタートアップスクリプト」を提供開始
スタートアップスクリプトについて
スタートアップスクリプトとは

CentOS_LAMP
・CentOSにて Apache/MySQL/PHPのセットアップを行います

Nginx
・CentOSにて Nginx/MySQL/PHPのセットアップを行うスクリプトがあれば実行したいと思ったが、残念ながら存在しない

インストール実行


インストールOS
・SiteGuard Lite (CentOS7 x86_64)

OSインストール設定
・管理ユーザのパスワード
・********************************
・管理ユーザのパスワードは忘れないようメモをお取りください。

スタートアップスクリプト
・スクリプト
・スタートアップスクリプトは有効になっていません
※「SiteGuard Lite (CentOS7 x86_64)」を指定した場合、スタートアップスクリプトは選択不可

A1 / A2

 閲覧数:127 投稿日:2017-12-29 更新日:2017-12-29 

A1


お問合せいただいております「標準OSインストール」につきまして、
下記に回答させていただきます。


1.
>・WordPress使用が前提ですか?

「KUSANAGI(CentOS7 86×64)」はCentOS7にKUSANAGIをインストール
したOSのため、WordPressの使用を目的として組み込んでおりますが、
利用するための準備はお客様で設定を行う必要がございます。

>・WordPress使用しない場合は、指定しない方が良い?
ご利用はお客様ご判断になりますが、ストレージの使用容量に
WordPressをインストールした容量も含まれます。
パフォーマンスを求める場合は、CentOS7のOSインストールをご検討
下さいますようお願いいたします。

>・それともWordPress使用しないPHPサイトでも高速化されるのでしょうか?
KUSANAGIを利用できる状態に、お客様側で設定をしたうえで、高速化
されます。
そのため、設定されないPHPサイトでは高速化は出来ません。

2.
>・CentOS7インストール後、SiteGuard Liteした内容と同じですか?

お客様のご認識通り、CentOS7にあらかじめパッケージをインストール
した状態で提供しております。

>・どうせ「SiteGuard Lite」を追加するなら、最初からインストールされているコレを選択したほうが良い?
はい、すぐにSiteGuard Liteがインストールされたサーバを作成する
ことが可能です。

A2


お問合せいただいております「Let's Encrypt」は標準OSインストール
時に「CentOS7」の選択をすると、スタートアップスクリプトにて
Let's Encryptの選択が可能になります。


また、Let's Encryptのスタートアップスクリプトを選択すると、
WebサーバとしてNginxが自動でセットアップされ、サーバ作成時に
入力したドメインでLet's EncryptのTLS証明書を取得および更新が
自動化されます。

そのため、標準OSインストール時に使用されるドメイン名とLet's Encrypt
から連絡を受信するメールアドレスをご用意のうえ、ご検討下さい
ますようお願いいたします。


1回目-1.「さくらVPS」で、キャンセル前提とした「2週間無料のお試し期間中」を申込

1回目-3.rootパスワード変更 / さくらVPSへログイン接続 / 作業用に一般ユーザを追加 / sudoを設定 



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 1回目-1.「さくらVPS」で、キャンセル前提とした「2週間無料のお試し期間中」を申込 52
2 7回目-1.「2週間無料のお試し期間」を申し込み / さくらVPSを起動 / OSインストール 48
3 9回目-1.「2週間無料のお試し期間」を申し込み / さくらVPSを起動 / OSインストール 46
4 8回目-1.「2週間無料のお試し期間」を申し込み / さくらVPSを起動 / OSインストール 46
5 6回目-1.「2週間無料のお試し期間」を申し込み / さくらVPSを起動 / OSインストール 46
6 5回目-1.「2週間無料のお試し期間」を申し込み / さくらVPSを起動 / OSインストール 46
7 CentOS 7 2週間無料のお試し期間 使用履歴 41
8 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? 38
9 9回目-18.表示が遅い理由は? Nginx? さくらVPSの帯域制限? 37
10 7回目-13.Let's Encryptの無料SSL導入 35
11 9回目-10.Let's Encryptの無料SSL導入 33
12 6回目-11.Let's Encryptの無料SSL導入 33
13 CentOS7 で設定ファイルのチェック後、Nginx起動 33
14 php.ini 設定 / CentOS 7 × Nginx  32
15 Apache「.htaccess」→ Nginx 32
16 8回目-9.Let's Encryptの無料SSL導入 31
17 2回目-1.さくらVPSを起動 / OSインストール  31
18 7回目-14.新規サブドメイン追加 + Let's Encryptの無料SSL導入 31
19 6回目-12.新規サブドメイン追加 + Let's Encryptの無料SSL導入 31
20 CentOS6へ、「CentOS Software Collections」経由で「Apache2.4」を入れたら死ぬかも 31
2021/9/25 10:06 更新
週間人気ページランキング / 9-18 → 9-24
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 17
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 14
3 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 12
4 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 10
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 9
6 さくらVPS0 8
6 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
7 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 7
8 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
8 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 6
8 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 6
9 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
9 echo と cat の違い 5
10 phpMyAdmin 4.4.3(phpMyAdmin) カテゴリー 4
10 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
10 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 4
10 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
10 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/25 1:01 更新