アクセス解析 用語

通信プロトコルHTTP

 状態:-  閲覧数:611  投稿日:2016-03-31  更新日:2016-04-01

アクセスログ・ファイル


ウェブサーバー(apache等)が、アクセスが発生するたびにその情報を記録し、テキストファイルとして保存しているもの
・アクセスログファイルに記録される情報は、ウェブサーバーの種類や設定によって異なるため、 どのような目的や用途でこのアクセスログファイルを使うのかを事前に計画して、カスタムログとしてログに記録する書式を設定しておく必要がある


入り口ページ


そのウェブサイトでユーザーが一番最初にアクセスしたページ


閲覧時間


1ページごとの訪問時間


クッキーログ


ユーザーに送られたクッキーをサーバ側に記録するためのログファイル
・カスタムログの設定で可能になる


セッション


訪問の項参照

タ行

 閲覧数:171 投稿日:2016-03-31 更新日:2016-04-01 

滞在時間


・たいざいじかん
・ユーザーの1回の訪問(セッション)の間にかかった時間
・訪問全体の時間


直帰


・ウェブサイトを訪問したユーザーが最初の1ページを見ただけでサイト内の他のページを見ずにサイトを離れてしまうこと

直帰率
・ちょっきりつ
・サイト訪問のなかでの直帰訪問の割合(バウンス率ともいう)
・ウェブサイト内の特定のページに100の訪問数があり、そのうち60の訪問でユーザーが最初に見たページ以外を見ずに直帰してしてしまった場合、直帰率は60%である


生ログ


アクセスログ・ファイルの項参照

ハ行

 閲覧数:127 投稿日:2016-03-31 更新日:2016-04-01 

パケットキャプチャリング型


Webサーバーに流れるトラフィックを監視し、その状況を解析マシンに送信し、解析する方式
・ホスティングでサーバーを管理している場合は、導入が難しい
・基本的には、自社内でWebサーバーを管理している場合にしか導入できない


ビーコン型(タグ埋め込み型)


Google Analyticsに代表されるように、ページ上のHTML内に、Javascriptを設定して、アクセスログを残す方法
・ ビーコン型のメリットは、リアルタイム解析が出来ること
・現在サイトにアクセスしている人を見ることができる
・生ログ形式だと、これが難しい
・また、アクセス解析の導入が楽で、それこそGoogle Analyticsを使えば、すぐにアクセスログの解析がスタートできる
・デメリットは、外部サービスを利用すると汎用性が高すぎるがゆえに、詳細な用途別解析をしようとすると難しい


ページビュー


アクセス数、PV(Page Viewの略)数
・ページが閲覧された回数
・訪問者によってウェブページが1ページ読み込まれるごとにカウントされる単位
・そのウェブサイトがどれだけ閲覧されているかの指標として使われる


訪問(セッション)


同じユーザーがサイトを訪れてからサイトを出て行くまでの行動の単位
・一定間隔が空くと訪問終了(多くのツールが基本30分以上に設定)とみなされ、同じユーザーのアクセスであっても別の訪問としてカウントされる
・一方、訪問途中で外部のサイトに移動したとしても、時間内であれば同じ訪問にカウントされる

訪問数
・ほうもんすう
・アクセス数をカウントする方法の1つ
・「visit」または「セッション」とも呼ばれる
・1人のユーザーが一定時間内にサイトに訪れてから離脱するまでの一連の行動を行うことを1訪問数としてカウントする
・ユニークユーザーとは異なり、同じユーザーが一定間隔を空けた場合は訪問終了とみなし、再訪問した場合は新たな訪問数としてカウントする
・“訪問者数”と書かれる場合もある
・“者”という字が使われるため、ユニークユーザーとの区別が紛らわしい場合も多い


ユニークユーザー


UU(Unique Userの略)ともいう

一定期間内にウェブサイトを訪れた重複のないユーザー数を示すカウント方法
・一定の期間、例えば、1日のうち、実際に何人がアクセスしたのかを、重複を除いて計算したもの
・10人の人が5ページづつ閲覧した場合、ページビューは50PVとなるが、ユニークユーザー数(UU)は10UUとなる
・一度だけ訪れたユーザーも、期間内に複数回訪れたユーザーも1人としてカウントされる
・どれだけの人がそのウェブサイトに興味を抱いているかを示す指標として使われる
・ユニークユーザーのカウント方法は、多くの場合、Cookieを発行してユーザーを特定する方法が使われている(そのため「ユニークブラウザ」と呼ぶこともある)
・Cookieを受け入れないユーザーが複数回アクセスすればその回数分だけユニークユーザーのアクセスがあったとみなされることがある
・また、検索エンジンのクローラ(検索ロボット)などの自動アクセスをユニークユーザーとすることもあるし、同じユーザーが自宅と勤務先の異なるPCからアクセスしたり個人で複数台のPCを所有していたりする場合などがあるため、正確にユニークユーザー数をカウントすることは困難だ
・そのため、ユニークユーザーを指標として使う場合、必ず同じ測定方法で得られたデータを比べる必要がある
・そうすれば、1つの指標として月ごとのユニークユーザーの増減を比較することには十分に意味がある

ラ行

 閲覧数:157 投稿日:2016-04-01 更新日:2016-04-01 

離脱率


・りだつりつ
・ページを訪れた訪問者数のうち、何割がそのページを出口にして別のサイトに出ていったかを示す数値
・特定のページに100の訪問数があり、その内の60の訪問数がそのページ以降、サイト内の他のページを訪れていないならば、離脱率は60%である
・直帰率とは異なり、サイト内で何ページ見たのかは関係なく、どのページが訪問者に「もうこのサイトはいいや(十分だ)」と思わせたを示すので、ページごとに出る指標となる
・離脱率が高いページが、そのサイトがユーザーを誘導したい最終目的のページ(ECサイトであれば決済完了のページ、コーポレートサイトであれば資料請求完了ページなど)であれば問題はないが、その他のページの離脱率が高い場合は、訪問者の誘導に失敗したことになるので、サイトのデザインや訪問者の経路、コンテンツなどを見直す必要が出てくる
・また、そのページに誘導したリンクやオンライン広告、訪問者の検索キーワードなどを見直して、訪問者が求めるコンテンツとページの内容に違いがないかチェックする必要がある


リファラ(参照元)


・りふぁら(さんしょうもと)
・ユーザーがサイトを訪問したときに利用したリンク元ページのURL情報
・「ノーリファラ」とされているのは、直接URLを入力したか、ブラウザのお気に入りからサイトを訪れたユーザーである
・ユーザーがどのリンクや広告をクリックしてサイトを訪れたのか、検索エンジンからの場合は、どのようなキーワードを検索してやって来たのかをリファラから知ることができる
・ログ型の解析ツールの場合、ウェブサーバーのアクセスログファイルに含まれるリファラを利用してリンク元や検索ワードを解析するが、ウェブサーバーの設定によってはリファラを残さない設定になっている場合もあるので、注意が必要
・リファラは、サイトを分析/改善するための非常に重要な情報となる
・検索キーワードをチェックしてどのようなフレーズが効果を生むのかを分析したり、広告効果がどの程度あるのかを計測したりなど、どのようなサイトからのリンクが多いかを調べることによって、さまざまな改善を行えるようになる







Twitter検索結果。「アクセス解析 用語」に関する最新ツイート


アクセス解析三大重要指標 / 1.ページビュー(PV)数 / 2.セッション(VISIT)数 / 3.ユニークユーザ(UU)数

Telnet / Windows7



週間人気ページランキング / 9-14 → 9-20
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 29
2 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 21
3 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 11
4 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 10
5 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 9
6 PHP Version 7.1.2 php-mecabエクステンション対応 / PHP 7.0.14 からのアップグレード  | MeCab(形態素解析) 8
6 ソースからビルドしたPython 2.7.3 アンインストール失敗 | Python(プログラミング言語) 8
7 touch コマンド / viコマンド。新規ファイル作成時の違い | Linuxコマンド 7
7 さくらVPS0 7
8 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 6
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 6
9 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 5
9 設定 2019/1/22 / 一般ユーザがmailコマンドでメール送信 / 管理者がmailコマンドでメール送信 5
10 Postfix | メール処理システム 4
10 CentOSでcpコマンド動作確認するためには、Control + T ではなく、 -v オプションを使用 | cp(Linuxコマンド) 4
10 499 (Request has been forbidden by antivirus) | HTTP(通信プロトコル) 4
10 tar | Linuxコマンド 4
10 Python 3.6 インストール / make altinstall | Python(プログラミング言語) 4
10 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 4
10 echo と cat の違い 4
2021/9/21 1:01 更新