アクセス解析

通信プロトコルHTTP

 状態:-  閲覧数:622  投稿日:2016-03-14  更新日:2016-03-14

アクセス解析とは?


Webサイトへのアクセスを記録してその結果を統計的に解析すること

IPアドレス(Internet Protocol Address)
・インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータ、通信機器1台1台に割り振られた識別番号

リファラー
・Webページにあるリンクをクリックして別のページに移動したとき、そのリンク元のページのことを指す
・Webサーバのアクセスログに記録される項目の一つ

HTTPによるWebページへのアクセス構成は、下記一対の行き来
・クライアントがサーバに対して行う「このページにアクセスしたい」という内容のリクエスト(要求)
・それに対するサーバのレスポンス(応答)


プロキシサーバ


Webサーバへのアクセスを中継して、「代理」でWebサーバにアクセスしてくれるコンピュータのこと

プロキシ
・「代理」という意味

プロキシサーバの用途
・プロキシでデータを蓄積(キャッシュ)することで、ネットワークをやり取りするデータ量を減らしたり、不正なアクセスを食い止める

目的にかかわらず、プロキシを使用すると
・Webサーバ側で記録されるのは、実際の利用者のIPアドレスではなく、プロキシのIPアドレスになってしまう


IPアドレス


コンピュータの場所を表す「住所」
・あくまでバーチャルな住所であり、リアルな住所にそれを一定の法則で変換できるわけではない

ユーザーエージェント

 閲覧数:142 投稿日:2016-03-14 更新日:2016-03-14 

ユーザーエージェント情報


そのサーバにアクセスしたブラウザの名前やバージョン、どんなOSを利用しているのか、といったことが記されている

「ユーザーエージェント」とは?
・「ユーザー」つまり人間が使う「エージェント」
・ここでは、ユーザーに代わってWebにアクセスするという処理を実行してくれるプログラム、という意味
※「クライアントプログラム」とほぼ同じものを指す言葉

エージェントとは?
・「代理人」というような意味



リファラー情報

 閲覧数:142 投稿日:2016-03-14 更新日:2016-03-14 

リファラー情報


リンク元の解析に利用

リファラー情報が送られてこない例
・「お気に入り(ブックマーク)」に登録されているページをメニューから選んでアクセスした場合
・ブラウザのURL欄にURLを直接入力した場合

リンク元とは異なるリファラー情報が送られてくる例
・転送用ページを経由している場合
※送られるリファラー情報は転送用ページのみ





アクセス解析サービス/ツールの種類

 閲覧数:140 投稿日:2016-03-14 更新日:2016-03-31 

2種類


A.サーバに記録されたアクセスログを解析するタイプ
B.ページに解析用のタグを埋め込むタイプ


A.サーバに記録されたアクセスログを解析するタイプ


アクセス・ログ型
・「Webサーバがアクセスのたびに記録するアクセスログファイル」を読み込み、それを解析する
※Webサーバはクライアントからのアクセスがあるたびに、それを「ログ」としてファイルに記録する
・ウェブサーバー・ソフト(Apacheなど)が取得しているアクセスログを流しこむタイプのアクセス解析手法

長所
・ページHTMLに埋め込む必要がない
・ログに記録されたWebサイトへのアクセスを、すべて記録できる
・画像単位で、どれくらい読み込まれたかといったことも解析できる
・Webサイトでエラーが発生した場合は、エラーの発生を記録
・リンク切れなどのために発生する、存在しないページへのアクセス(これもエラーの一種)も記録されているので、これらの解析も可能


B.ページに解析用のタグを埋め込むタイプ


ビーコン型
・解析を行いたいページの中に、直接JavaScriptを埋込
・アクセスがあるとそのJavaScriptが実行されて、そのアクセスに関する情報がアクセス解析用のサーバに送られる
・ページ上のHTML内に、Javascriptや画像タグを設置し、それらを経由してアクセスを検出するタイプのアクセス解析手法
・クッキーによって一意のユーザー処理をしたり、柔軟なカスタマイズができるのが特徴

Twitter検索結果。「アクセス解析」に関する最新ツイート

初心者向け情報商材 @store_twitnow
オンライン販売 @dejitarukontent

HTTP仕様

HTTPレスポンスに含まれるHTTPステータスコード。500番台 → サーバー側のエラー



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 アクセス解析 用語 80
2 .htaccessで各種アクセス制限 33
3 ディレクトリへ設定する特殊なアクセス権 32
4 9回目-8.IPアドレスではなくドメインでアクセス 26
5 5回目-8.IPアドレスではなくドメインでアクセス 26
6 6回目-8.IPアドレスではなくドメインでアクセス 26
7 ブラウザアクセス出来なくなる/SSH接続出来なくなる 25
8 IPアドレス変更対応 25
9 tkドメイン。ハイフンが入ると、wwwなしでアクセス出来ない 22
10 HTTPリクエストヘッダ 22
11 MySQL 手動バックアップ 20
12 さくらVPSへは「http://localhost」でアクセス出来ない 20
13 403エラーが解決しない → .htaccess確認。指定拡張子への直接アクセスを制限していないか 18
14 アクセス解析三大重要指標 / 1.ページビュー(PV)数 / 2.セッション(VISIT)数 / 3.ユニークユーザ(UU)数 17
15 phpMyAdmin 4.4.3 -2- ドメイン失効に伴いアクセス出来なくなる 17
16 さくらVPSへは「http://localhost:ポート番号」でアクセス出来ない 17
17 指定IPアドレス以外からのアクセスは、.htaccessでサイト内のメンテナンスページへ誘導 15
18 拡張子「.html」でPHPスクリプト実行 15
19 パスの最後のディレクトリ名・ファイル名を抽出 14
20 異なるIPアドレスからアクセスして動作確認 → aguse / HeartRails Capture 14
2021/9/21 11:29 更新
週間人気ページランキング / 9-14 → 9-20
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 29
2 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 21
3 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 11
4 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 10
5 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 9
6 PHP Version 7.1.2 php-mecabエクステンション対応 / PHP 7.0.14 からのアップグレード  | MeCab(形態素解析) 8
6 ソースからビルドしたPython 2.7.3 アンインストール失敗 | Python(プログラミング言語) 8
7 touch コマンド / viコマンド。新規ファイル作成時の違い | Linuxコマンド 7
7 さくらVPS0 7
8 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 6
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 6
9 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 5
9 設定 2019/1/22 / 一般ユーザがmailコマンドでメール送信 / 管理者がmailコマンドでメール送信 5
10 Postfix | メール処理システム 4
10 CentOSでcpコマンド動作確認するためには、Control + T ではなく、 -v オプションを使用 | cp(Linuxコマンド) 4
10 499 (Request has been forbidden by antivirus) | HTTP(通信プロトコル) 4
10 tar | Linuxコマンド 4
10 Python 3.6 インストール / make altinstall | Python(プログラミング言語) 4
10 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 4
10 echo と cat の違い 4
2021/9/21 1:01 更新