RLogin 2.20.3

ターミナルエミュレータRLogin

ダウンロード&インストール

 状態:-  閲覧数:2,749  投稿日:2014-07-12  更新日:2018-04-18
>公式サイトでは、32bit, 32bit SSE2, 64bit, Windows 2000向けの4種類のビルドが公開されています
→ 2016/4/12時点では3種類配布
・実行プログラム(32bit)
・実行プログラム(64bit)
・ソースファイル

64bitダウンロード
・RLogin.exe
※exe形式だったのでインストール必要かと思ったが不要。クリックするだけでアプリケーション起動


ユーザ設定ファイル手動作成


>作業フォルダもしくは、実行プログラムと同じフォルダに「RLogin.ini」を作成しておくとレジストリに保存せずにプライベートプロファイルを使用します。
※プライベートプロファイルは、複数のプロセスからの変更などに弱いです。また、ファイルベースで意図せぬハングアップなどで壊れる場合がありレジストリベースよりリスクが高いと思いますのでご注意ください。


L:\0_Establishment\RLogin\rlogin_x64\RLogin.exe

サーバーの選択及び接続設定「Server Select」

 閲覧数:168 投稿日:2016-04-12 更新日:2016-04-13 

新規登録


1.[ファイル]-[サーバーに接続]クリック

2.「Server Select」画面
・「新規」ボタンクリック

Sock Port
・使用するポート番号を設定


rlogin/telnet/ssh(クライアント)ターミナルソフト




公開鍵

 閲覧数:160 投稿日:2016-04-12 更新日:2016-04-13 

Poderosaで作成したSSH秘密鍵を読込


▼L:/0_Establishment/sakura_vps_keys/id_rsa




秘密鍵のパスフレーズ


秘密鍵作成時にパスフレーズを設定すると、秘密鍵をパスワードで保護することが可能
・秘密鍵にアクセスする度にパスフレーズ入力を求められる

具体例
・「Poderosaで作成したSSH秘密鍵」を「RLogin」で読込する際、パスフレーズ入力を求められる

注意点
・パスフレーズを忘れた場合、SSH秘密鍵から取得することは出来ない




他で作成した秘密鍵をRLoginで使用する場合の注意点


・読み込んだだけでは接続不可
・参照が必要

参照するためには?
・作成ボタンクリックが必要
・作成後でなければ、「Server Edit Entry」画面より参照できない
※SSH Identity Keyの「参照」をクリックできない



秘密鍵及び公開鍵ファイルパス


▼L:/0_Establishment/sakura_vps_keys/

id_rsa
・SSH秘密鍵
・Poderosa作成

authorized_keys.pub
・SSH公開鍵
・Poderosa作成

id_ppk.ppk
・SFTP秘密鍵
・Poderosa秘密鍵をFileZillaにて変換

rlogin_20160412_rd_rsa
・Poderosa作成したSSH秘密鍵「id_rsa」をRLoginでインポート後、エクスポート
・未使用

「よく分かる公開鍵認証」~初心者でもよくわかる!VPSによるWebサーバー運用講座(2)
秘密鍵生成する際、設定したパスフレーズはどこへ格納されているのでしょうか? 後から取り出すことは出来ない?

通信ログ履歴自動保存

 閲覧数:168 投稿日:2016-04-13 更新日:2019-02-01 

「Server Edit Entry」画面


ヒストリー
・「通信ログを年月日を付けて自動作成する」にチェックを入れる

%D
・yymmdd形式の年月日。

%S
・接続した機器のIPアドレス

L:\0_Establishment\RLogin\rlogin_x64\log\20%D_%S.log


ログ設定
・デフォルトはRAW
・そのままログを取ると制御文字などをすべてログに書き込むため、要変更
→ LINE へ変更

私が実践しているRLoginの便利な使い方
RLoginでRAW形式で取得したログをテキスト形式へ変換する方法はある?

フォント / MSゴシック → 「Myrica.ttc」の「Myrica M」

 閲覧数:688 投稿日:2016-04-13 更新日:2019-02-01 

初期表示


MSゴシック


ネットで絶賛されているフォント


問題点
・MAC使用が前提
・導入設定が面倒


MacType


フォントのアンチエイリアス表示を強化する常駐ソフト
・フォントではない


Terminalフォント


変更してみたが期待した表示内容ではなかった


プログラミングフォント Myrica


2フォント6種類
Myrica
・ASCII文字は Inconsolata、それ以外は 源真ゴシック ベース
フォント名 フォント種類
Myrica M 等幅フォント。プログラミング用
Myrica P プロポーショナル(文字毎に文字幅が異なる)フォント
Myrica N 幅を狭くしたフォント。一定幅で多くの文字を表示できる
MyricaM
・ASCII文字は Inconsolata、それ以外は Mgen+  ベース
フォント名 フォント種類
MyricaM M 等幅フォント。プログラミング用
MyricaM P プロポーショナル(文字毎に文字幅が異なる)フォント
MyricaM N 幅を狭くしたフォント。一定幅で多くの文字を表示できる


Windowsへ Myricaインストール


1.ダウンロード
2.Myrica.TTC をダブルクリックで開く
3.表示されたウィンドウ上部の「インストール」ボタンを押す


Windowsへインストールした MyricaをRLoginフォントへ設定


1.[ファイル]-[サーバーに接続]クリック

2.「Server Select」画面
・「編集」ボタンクリック

3.フォント
・Myrica M を選択



今日からメインで使用していくことに

 閲覧数:135 投稿日:2018-04-18 更新日:2019-02-01 
2018/4/18
・ずっと気になっていたが、poderosaに不満がなかったため、ずっと使い続けていた
・しかし、poderodaで解決できないエラー発生
・今日からメインで使用していくことにする

通信関連のオプション設定
一定時間(分単位)、画面の更新が無いとスリープ画面に移行します。スリープ画面は、キー入力などで通常画面に戻ります。


さくらのVPSのsshログインが遅い



週間人気ページランキング / 9-19 → 9-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 16
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 15
3 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 11
4 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 10
5 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 8
5 さくらVPS0 8
6 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
6 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 7
7 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 6
7 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
7 echo と cat の違い 6
8 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 5
8 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 5
8 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 5
9 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
9 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
9 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/26 1:01 更新