パス / echo $PATH

CentOSCentOS 共通

ファイル確認

 状態:-  閲覧数:968  投稿日:2014-06-23  更新日:2019-08-14
▼/home/★★/
$ pwd
/home/★★


$ ls -a
.              .bash_profile  .mysql_history  .ssh       ls.txt
..             .bashrc        .nodebrew       .viminfo   myapp
.bash_history  .gem           .pki            .zprofile  nodebrew
.bash_logout   .lesshst       .rvm            .zshrc


PATHとは?
パス(PATH)の確認と設定方法は?

PATH優先度ヒエラルキー
bashの便利な機能を使いこなそう
.bash_profileとか.bash_loginとか.profileとか.bashrcとか.bash_logoutとか多すぎる

現状確認

 閲覧数:333 投稿日:2014-06-23 更新日:2017-12-13 

$PATHの内容表示


$ printenv PATH
/home/★★/.rvm/gems/ruby-2.0.0-p247/bin:/home/★★/.rvm/gems/ruby-2.0.0-p247@global/bin:/home/★★/.rvm/rubies/ruby-2.0.0-p247/bin:/usr/bin:/opt/rh/rh-python35/root/usr/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/home/★★/bin:/home/★★/.nodebrew/current/bin:/home/★★/.rvm/bin


.bash_profile


$ cat .bash_profile
# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
       . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && source "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM into a shell session *as a function*



.bashrc


$ cat .bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
       . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions

PATH=$PATH:$HOME/.rvm/bin # Add RVM to PATH for scripting


毎回ログインする度にパスの指定をするのは面倒なので、ホームディレクトリ配下にある .bash_profile を編集する

 閲覧数:156 投稿日:2017-12-13 更新日:2017-12-13 

ログインする度に自動で環境変数を設定


毎回ログインする度にパスの指定をするのは面倒なので、ホームディレクトリ配下にある .bash_profile を編集する
・.bash_profile の中に PATH=$PATH:~ と export の記述をすると、毎回ログインする度に自動で環境変数が設定される
・「:」で区切られているので、初めに「:」が必要

注意事項
・ファイルに設定を記述した直後はPATHは反映されない
・設定ファイルを読込み直すか、端末を立ち上げ直す必要がある
・「source」コマンドで設定ファイルを読み込む
・「.」でも同じ意味
source ~/.bashrc
. ~/.bashrc

作業例


修正前
▼.bash_profile
# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

# PATH=$PATH:$HOME/bin
# PATH=/usr/bin:/opt/remi/php70/root/usr/bin:/opt/remi/php70/root/usr/sbin${PATH:+:${PATH}}$HOME/bin:$HOME/.nodebrew/current/bin
# PATH=/usr/bin:/opt/remi/php70/root/usr/bin:/opt/remi/php70/root/usr/sbin:$PATH:$HOME/bin:$HOME/.nodebrew/current/bin
PATH=/usr/bin:$PATH:$HOME/bin:$HOME/.nodebrew/current/bin

export PATH

# export LD_LIBRARY_PATH=/opt/remi/php70/root/usr/lib64${LD_LIBRARY_PATH:+:${LD_LIBRARY_PATH}}
# export MANPATH=/opt/remi/php70/root/usr/share/man${MANPATH:+:${MANPATH}}


[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && source "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM into a shell session *as a function*


# vim .bash_profile
# source ~/.bashrc

修正後
▼.bash_profile
//中略
PATH=/usr/bin:$PATH:$HOME/bin:$HOME/.nodebrew/current/bin:/usr/local/go/bin

export PATH



シングル・ユーザー・モード

CentOSのバージョン / アーキテクチャ確認



週間人気ページランキング / 9-19 → 9-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Nginx設定。エラーログレベル | Nginx(Webサーバ) 16
2 PHP実行ユーザ設定 / CentOS6 / Apache | PHP(プログラミング言語) 15
3 PHPのmb_send_mail関数でメール送信できない | メール処理システム 11
4 9回目-13.MySQL5.7.21設定 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 9回目(さくらVPS) 10
5 tar: これは tar アーカイブではないようです 8
5 ImageMagick と imagick の違い | ImageMagick(ソフトウェアスイート) 8
5 さくらVPS0 8
6 manページ日本語表示 | CentOS 7 (CentOS) 7
6 Python 3.5 アンインストール / yum remove | Python(プログラミング言語) 7
7 ABRT により 問題が検出されました | CentOS 7 (CentOS) 6
7 Reached target Shutdown メッセージが表示されたあと、シャットダウンまたは再起動プロセスがハングアップする | CentOS 7 (CentOS) 6
7 PHPファイルでchmodエラー | PHP(プログラミング言語) 6
7 echo と cat の違い 6
8 FFmpeg 2.8.15 を yum インストール | ソフトウェアスイート 5
8 「設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。」対応 5
8 「CentOS6」から「CentOS7」への移行 | CentOS 7 (CentOS) 5
8 「さくらVPS」で、「CentOS6」を「CentOS7」へ変更するためには? | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 Link(さくらVPS) 5
9 6回目-10.Nginxでバーチャルホスト設定確認 | CentOS 7 2週間無料のお試し期間 6回目(さくらVPS) 4
9 cronで定期実行しているphpファイルを、コマンドライン経由で即時実行する | cron(Linuxコマンド) 4
9 MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード | MySQL(データベース) 4
2021/9/26 1:01 更新